電話

公私分計でBYODを手軽に実現

CiscoUCMやNECのSVシリーズなどのIP-PBXと連携し、着信番号のアプリへのプッシュ通知、発着信履歴やアドレス帳のクラウド管理が可能となり、高度でセキュアなUC(UnifiedCommunication)機能を提供します。

さらに「モバチョ050※」ともダイレクトに接続し、1つのデバイスに会社と個人の2つの電話番号を持つことで、通話のBYOD(公私分計)を完全にサポートします。

また、各モバイルキャリアの内線サービスとの接続も可能なので、企業配布のデバイスについてもサポートします。

※モバチョ050は楽天コミュニケーションズの商標です。

電話

モバイルチョイス050との連携

従来のシステムでは、着信に関してはあらかじめスマートフォンのアドレス帳に登録がないと発信者の情報が表示されず、発信元を特定できないことが課題でした。

moconaviの050サービスでは、スマートフォンの機種に関わらずクラウド電話帳からの発信と着信時の発信元通知受信が可能です。

電話

moconaviを試してみませんか?

1ヶ月間、無料でお試しいただけます。