最短3営業日!すぐに導入できて、運用も簡単
テレワーク環境の構築には、専用モバイル端末の調達やVPNやVDIの構築など多くの時間とコストがかかりますが、moconaviなら利用端末に専用アプリをインストールするだけ。
各業務アプリの利用範囲や権限もmoconaviで一元管理できるから、端末証明書の必要がなく、端末管理の手間もコストもかかりません。moconaviひとつであらゆる業務をカバーするので、低コストで多機能のサービスを利用することが可能です。
POINT 01
VPNや端末証明書のコストを削減

テレワーク環境を構築するための、端末調達・管理や仮想プライベートネットワーク(VPN)の構築には、多くの時間とコストがかかります。

moconaviなら、モバイル端末に専用アプリをインストールするだけで端末もIPアドレスも特定できるので、VPNも端末証明書も不要。

簡単かつ早期に導入することが可能で、運用コストの削減にもつながります。

POINT 02
端末の調達コストを削減

moconaviをインストールすれば、端末内でプライベートな情報と業務データを切り分けることができるため、BYOD(私用端末の業務利用)であってもセキュアな環境のまま業務データを扱うことができます。

「全社員分の端末を調達するにはコストがかかりすぎる」といった課題も、moconaviであればクリアすることができます。

POINT 03
メールもチャットも電話も1つのアプリでコスト削減

moconaviは接続できるサービスと機能の数が多いのが特徴です。

メールやカレンダーとのグループウェア連携、クラウド電話帳を使った着信連携、050電話機能やビジネスチャットなど豊富なサービスが利用できます。また、お客様独自のWebアプリともmoconaviひとつで連携できるため、導入コストを削減することができます。

POINT 04
カスタマサクセスチームがお客様の成功を支援します

30日の無料トライアルの段階で、専任のカスタマーサクセスチームが、moconaviの利用方法について徹底的に支援します。労務規定に沿ったポリシー設定やユーザー管理の使用方法をレクチャーするだけでなく、お客様に伴走し、初期の運用負担やコストを大幅に軽減できます。また、ひとつのアプリで運用できるため、教育コストも削減できます。

moconaviの対象端末やサポート体制など、
導入前に知っておきたいポイントは
こちらからご覧ください
導入事例
moconaviを導入いただいている
企業の事例をご紹介します
セミナー・相談会
安全なテレワーク導入への理解が深まる
セミナーや相談会を開催しています
  • ウェビナー 受付中
    建設業界や現場職の生産性向上は『BYOD』で
    ~moconaviによる課題解決~
    導入検討中の企業様 BYOD テレワーク 業務効率化 現場職向け
  • ウェビナー 受付中
    moconavi管理者様向けオンライン説明会 moconaviアプリがわかりにくい?よくあるお悩みを解消
    ご利用中の企業様
moconaviをさらに詳しく知りたい方へ

導入にあたって気になるポイントを詳しく解説します