Sansan連携で、名刺データをよりセキュアに
Sansanをmoconaviと連携させると、Sansanの名刺データをセキュアなアドレス帳として利用できます。メールアドレスをタップすればmoconavi 経由でMicrosoft 365などからメール送信できるだけでなく、moconavi 050やスマホの電話番号(080・090番号)での電話発信も可能です。

さらにmoconaviでは、通話の履歴表示もコントロール。moconaviアプリ上ではセキュアに発着信履歴の確認が可能ですが、端末の通話履歴には着信時にSansanを参照して表示した連絡先の企業名や氏名は残りません。

moconaviと連携することで、さらにセキュアな名刺データの活用が実現します。
POINT 01
名刺データをアドレス帳として表示、メール宛先に呼び出しできる

SansanとmoconaviはAPIで連携し、moconavi独自のUIを利用したアドレス帳として名刺情報を表示します。
会社名や氏名だけではなく、名刺画像も表示されます。タグの設定をしている場合は、タグごとにフォルダとして表示できます。

さらに、moconaviでMicrosoft 365(Exchange online)やGoogle Workspaceなどクラウドのメールサービスや、オンプレミスのメールシステムの連携を設定していれば、そのメール宛先欄(To、CC、BCC)にSansanからアドレス情報を呼び出すことができます。例えば、ToにはSansanの名刺データからお客様を、CCにはExchangeのグローバルアドレス帳から社内グループアドレスを、それぞれ呼び出してセットすることもできます。moconaviと連携することで、モバイルからの名刺情報利用の幅がさらに広がります。

moconaviでアドレス帳として利用できるサービスはこのほか、moconavi独自のクラウド電話帳に加えて、ホットプロファイル、eセールスマネージャー、Garoon、サイボウズOffice、Notes/Domino、LDAPなどがあります。

POINT 02
moconavi 050でもスマホの電話番号でも、名刺データからすぐ発信できる

電話番号をタップしての発信は、スマホの電話番号(080番号・090番号)を使った通話だけではなく、moconavi 050での通話もできます。
moconavi 050の発信操作に必要なプレフィックスの付与は、moconaviが自動的に行います。利用者自身の個々の設定は必要ありません。

POINT 03
着信時に名刺情報を表示。しかも通話履歴に名前は残らない

Sansanとmoconaviを連携すると、電話着信時にSansanの名刺情報を表示することができます。

さらにmoconaviは端末の通話履歴表示をコントロールし、端末の通話履歴には電話番号のみ残し、着信時に表示した企業名や名前は残しません。万が一端末の紛失や盗難が発生しても、通話履歴から名刺情報が漏洩する事態を防ぎます。

POINT 04
名刺画像スキャンも、moconaviからできる

moconaviは、Sansanへの名刺画像スキャナとしても機能します。moconaviから名刺画像を取り込み、Sansanに直接送信できます。登録の際は、名刺交換日やメモの登録もできます。しかも、moconaviから撮影した名刺画像は、スマホの写真ライブラリには残りません。

Sansan連携では、moconaviは名刺画像のスキャンだけ行いますが、eセールスマネージャー連携では名刺画像スキャン後、OCR連携でデータ登録することも可能です。

moconaviの対象端末やサポート体制など、
導入前に知っておきたいポイントは
こちらからご覧ください
導入事例
moconaviを導入いただいている
企業の事例をご紹介します
セミナー・相談会
安全なテレワーク導入への理解が深まる
セミナーや相談会を開催しています
  • ウェビナー 受付中
    ゼロトラストから学ぶ、
    エンドポイントセキュリティ対策 セミナー
    導入検討中の企業様 セキュリティ テレワーク 業務効率化
  • ウェビナー 受付中
    ゼロトラストから学ぶ、
    エンドポイントセキュリティ対策 セミナー
    導入検討中の企業様 セキュリティ テレワーク 業務効率化
  • ウェビナー 受付中
    BYODで、Microsoft365をセキュアにフル活用する。
    ~端末にデータを残さないゼロトラストな仕組みで
    ハイブリッドワークを実現~
    導入検討中の企業様 BYOD セキュリティ デジタル化 テレワーク 業務効率化
moconaviをさらに詳しく知りたい方へ

導入にあたって気になるポイントを詳しく解説します