管理者からユーザへ、一斉または個別にメッセージの通知が可能
社内のmoconaviユーザに対して連絡を行いたい場合、一斉メールや社内のグループウェアの掲示板に掲載する方法もありますが、それでは他の情報に埋もれてしまう可能性があります。moconaviではアプリ内の通知として管理者から連絡の送信ができます。
POINT 01
moconaviユーザに知らせたいことは、moconaviで通知できる

moconaviには、moconaviクラウドが提供する「お知らせ」という通知機能があります。この機能を利用して、例えばmoconaviに関する連絡事項をmoconaviを通して直接アプリユーザに送信するといった利用ができます。通知を受信した際は、端末にはPUSHで通知が表示され、moconaviを開くまでアプリのアイコンにバッジが表示されるため、ユーザは確実に連絡に気づくことができます。

POINT 02
ユーザ情報や端末情報による通知先の絞り込みができる

通知の配信は、社内のmoconavi管理者が管理画面から実施します。通知先の絞り込みは、ユーザ名や部署名のほか、OS種別やアプリ利用端末の機種でも可能です。アプリのアップデートを促す通知や、moconaviの設定変更の事前周知など、メールやグループウェア掲示板では案内が埋もれてしまいそうな場合に活用いただけます。

POINT 03
moconavi内サービスを自動起動させる通知もできる

お知らせの通知方式には、メールのようなユーザが読むだけのテキスト通知のほかに、通知を開くとmoconavi内のメール新規作成画面やセキュアブラウザ連携しているWebサービスを自動で表示しユーザのアクションを促す、サービス起動型の通知機能もあります。この機能を利用し、例えば月末に、経費精算の締めの申請を促すために、セキュアブラウザで連携している経費申請サービスを起動させる通知を配信するといったこともできます。

moconaviの対象端末やサポート体制など、
導入前に知っておきたいポイントは
こちらからご覧ください
導入事例
moconaviを導入いただいている
企業の事例をご紹介します
セミナー・相談会
安全なテレワーク導入への理解が深まる
セミナーや相談会を開催しています
  • ウェビナー 受付中
    ゼロトラストから学ぶ、
    エンドポイントセキュリティ対策 セミナー
    導入検討中の企業様 セキュリティ テレワーク 業務効率化
  • ウェビナー 受付中
    ゼロトラストから学ぶ、
    エンドポイントセキュリティ対策 セミナー
    導入検討中の企業様 セキュリティ テレワーク 業務効率化
  • ウェビナー 受付中
    BYODで、Microsoft365をセキュアにフル活用する。
    ~端末にデータを残さないゼロトラストな仕組みで
    ハイブリッドワークを実現~
    導入検討中の企業様 BYOD セキュリティ デジタル化 テレワーク 業務効率化
moconaviをさらに詳しく知りたい方へ

導入にあたって気になるポイントを詳しく解説します