証明書不要の独自の端末識別とIP制御で、端末制御の課題を解決
moconaviはアプリが持つ独自の識別方式で端末認証を行うため、端末への証明書のインストールが必要ありません。また、社外からのアクセス制御において課題となるIPアドレス許可も、moconaviのゲートウェイ機能により容易にコントロールが可能です。

さらに、moconaviは単体利用はもちろん、会社支給端末に導入されたMDMサービスとの併用も可能です。

moconaviは企業の端末利用にかかわる課題解決を、あらゆる方面から支援します。
POINT 01
生体認証を含む強固な認証方式と連携し、SSOが可能

moconaviは独自に端末の識別を行うため、moconaviを利用する端末に証明書をインストールする必要がありません。

さらに、スマホやタブレットなどのモバイル端末から業務システムにアクセスする際はIPアドレス制御が課題になりますが、moconaviクラウドセンターがゲートウェイとなることで経路が限定されるため、接続許可は固定のIPアドレスに一本化できます。これにより、業務システムに無数のIPを接続許可する必要がなく、セキュアなアクセスが維持できます。

POINT 02
ユーザが利用できる端末台数は最大5台。1台に限定することもできる

moconaviは、そのユーザ専用の端末(専有端末)を最大5台持つことができます。また、この台数制限は1~5までの間で変更できるため、1台のみと制限することもできます。

例えば、スマホを会社で支給されている企業様で、moconaviは社給スマホ1台からのみ使うルールとされたい場合は、この端末台数制限を1に設定します。

あるいは、BYODを導入されている企業様で、moconaviを使う端末は会社で限定せずユーザ任意とし、端末も3つまで許可しようという場合は、端末台数制限を3に設定します。

さらにmoconaviには、利用者から利用希望端末の申請を受け管理者様が承認するワークフロー機能もあります。自社の資産管理方針にあわせた最適なバランスに運用設計が可能です。

POINT 03
moconaviはプライバシーを侵害しない

moconaviは、端末所有者のプライバシーを侵害しない仕組みのため、BYODでも安心して利用できます。

moconaviは、moconaviの中のみを管理・制御します。外にあるアプリのデータを監視したり、端末本体の機能を制限することはありません。

また、端末にデータが残らずデータ消去自体が不要なため、万が一端末の紛失・盗難が発生した場合のほか、ユーザの離退職の際にも、プライベートとビジネスのデータの混在や消去漏れを心配する必要がありません。

POINT 04
社給端末に設定されたどんなMDMサービスとも併用できる

moconaviは、MDMサービスを導入されている会社支給端末でも併用できます。

moconaviは構成プロファイルを使用せず、そして、どんなMDMサービスとも併用可能なサービスです。

MDMサービスとの併用においては、端末資産管理やOSバージョン管理、moconaviのアプリの配付はMDMサービスで行い、端末からのデータアクセスとコミュニケーション情報管理はmoconaviで行うことで、さらに強固で漏れのない端末セキュリティが実現します。

POINT 05
moconaviは共有端末でも利用できる

moconaviは、部内共有タブレットなど、社内で共有利用する端末でも利用できます。

この場合、そのユーザ専用の端末台数の制限とは別に、共有端末の利用を設定することが可能です。複数のユーザに応じた設定切替ができずにあきらめていた端末活用も、moconaviにお任せください。

moconaviの対象端末やサポート体制など、
導入前に知っておきたいポイントは
こちらからご覧ください
導入事例
moconaviを導入いただいている
企業の事例をご紹介します
セミナー・相談会
安全なテレワーク導入への理解が深まる
セミナーや相談会を開催しています
  • ウェビナー 受付中
    建設業界や現場職の生産性向上は『BYOD』で
    ~moconaviによる課題解決~
    導入検討中の企業様 BYOD テレワーク 業務効率化 現場職向け
  • ウェビナー 受付中
    moconavi管理者様向けオンライン説明会 moconaviアプリがわかりにくい?よくあるお悩みを解消
    ご利用中の企業様
moconaviをさらに詳しく知りたい方へ

導入にあたって気になるポイントを詳しく解説します