SAML2.0やOAuthなど多様な認証サービスと連携し、生体認証での多要素認証も可能
端末にデータを残さず、端末種別を問わず強力な情報漏洩対策を提供するmoconaviは、ログインの不正を防ぐ仕組みも強力です。各種認証サービスとの連携設定はもちろん、moconavi独自の多要素化でさらに強固なセキュリティを実現します。
POINT 01
moconaviログインには各種認証サービスが連携設定できる

moconaviログインには、moconavi専用にID・パスワードを設定する基本認証方式のほか、外部の認証サービス(IdP)と連携したログインが設定できます。

具体的には、OAuth認証、SAML Web(SAML2.0)認証、AD認証(Kerberos/LDAP)、LDAP認証、RADIUS認証のほか、SECUREMATRIX認証やPassLogic認証(Enterprise版)などのワンタイムパスワード認証とも連携ができます。

Azure ADをお使いの場合は、Azure ADに標準搭載されているOAuthを使ったOAuth認証でログインができます。

さらにmoconaviでは、一部ユーザはSAML2.0認証、一部ユーザは基本認証といった混在設定もできるため、雇用形態により従業員のID管理が異なる場合にも対応できます。

シングルサインオン(SSO)の連携サービスについて詳しくはこちら

POINT 02
日常のログインは、生体認証やPincodeで便利に。パスワード忘れのリスクも低減

認証サービスを利用したID管理の運用効率を追求することで、日常のログイン操作の利便性が下がってはいけません。moconaviは基本認証のほか、IdPサービスと連携したログイン設定の場合でも日常操作には生体認証を利用したログインが設定できます。(※)

また、生体認証に対応していない端末、あるいは対応した端末でもマスクや手袋を着用しているために生体認証を利用できない状態が続く場合には、Pincode(パスコード)を使ったログイン設定も選択できます。

使いたいときにすぐログインでき、パスワード忘れのリスクも低減できる、それがmoconaviです。

(※)SECUREMATRIX認証、PassLogic認証は対象外です

POINT 03
moconaviから接続するサービスに認証サービスが設定されている場合もアクセスできる

moconaviからAPI接続するサービスに、OAuthや、SAML Web(SAML2.0)などの認証サービスを設定されている場合も、moconaviからアクセスできます。接続サービスログイン時は、設定した認証サービスの画面が表示されて認証を通す流れとなり、社内からアクセスする場合と同じルールで運用できます。

また、moconaviのセキュアブラウザ経由でアクセスするサービスへのログインでも、接続先サービスのログイン方法を踏襲する形で認証連携が可能です。例えば認証にSAML2.0を利用しているWebサービスであれば、moconaviから利用する際もSAML2.0で認証できます。

セキュアブラウザ連携で利用できる認証方法は、SAML2.0のほか、NTLM認証、Kerberos認証、Basic認証、Digest認証、Form認証があります。特にHTMLで作成されたフォーム画面からID・パスワードを送信するForm認証では、moconaviの代理入力によるSSO(シングルサインオン)の設定も可能です。

セキュアブラウザについて詳しくはこちら

POINT 04
moconaviログインは常に多要素認証。さらにサービスログインのMFA認証にも対応

moconaviログインは、どのような認証を使う場合でも端末認証とID・パスワードの2要素を用いる多要素認証です。また、Microsoft 365やGoogle WorkspaceへのログインにAuthenticatorを利用したMFA(※)認証を設定されている場合も、moconaviからAPI連携し、MFA認証を利用したサービスログインが利用できます。

(※)MFA=Mulch-Factor Authenticator(多要素認証を提供するソフトウェア)

moconaviの対象端末やサポート体制など、
導入前に知っておきたいポイントは
こちらからご覧ください
導入事例
moconaviを導入いただいている
企業の事例をご紹介します
セミナー・相談会
安全なテレワーク導入への理解が深まる
セミナーや相談会を開催しています
  • ウェビナー 受付中
    金融機関の業務スタイル変革・働き方改革
    ~オフィスとフィールドを同時改善~
    3社共催セミナー
    導入検討中の企業様 セキュリティ デジタル化 働き方改革 業務効率化
moconaviをさらに詳しく知りたい方へ

導入にあたって気になるポイントを詳しく解説します