Boxのデータを、いつでもセキュアに表示
端末にデータを残さずにBoxのドキュメントを閲覧・表示できます。OfficeファイルやPDFだけではなく、Zip・7-zipなど暗号化されたファイルもパスワードを入力して表示でき、Boxが対応していないDocuWorksを含め、さまざまな拡張子に対応しています。また、表示したファイルは端末ローカルに保存されることがなく、他のアプリにデータが渡されることもありません。

さらに、moconavi内メールサービスと連携し、添付ファイルをBoxに直接保存できます。ファイルを端末ローカルに一時保存する必要はありません。

Boxとmoconaviの連携で、モバイルでの業務ツール間操作が、さらに便利になります。
POINT 01
独自フォルダUIとドキュメントビューア機能でファイル表示できる

BoxとmoconaviはAPIを利用して連携し、moconaviがもつ独自のファイルUIで表示することでスマホからの軽い操作感を実現します。

ファイルは、moconaviが持つドキュメントビューアでクラウド上でPDF変換することで、スクリプトやマクロを除外して無害化し、印刷データレベルで表示崩れせずに閲覧できます。

ファイルを表示しても端末にデータが保存されることはなく、moconavi外の他のアプリにデータが渡ることもありません。一時的にも端末のストレージへファイル保存をすることはないため、端末紛失や盗難が発生した際にも、遠隔消去(リモートワイプ)を考える必要がありません。

POINT 02
DocuWorksを含むさまざまなファイル形式に対応。

moconaviでは、Boxに保存されたさまざまな拡張子のファイルを表示することができます。Boxが対応していないDocuWorksファイルにも対応しており、文書管理ソフトウェアを導入されている場合でもスムーズな表示が可能です。

表示可能な拡張子

  • Office系:doc、docx、xls、xlsx、ppt、pptx、odp、ods、odt、xdw、xbd、gdoc、gxls、gppt​
  • 画像ファイル:jpg、jpeg、png、bmp、gif、tif、tiff​
  • 暗号化ファイル:zip、パスワードつきzip、7-zip、直接パスワード添付のOfficeファイル
  • その他:txt、csv、pdf
POINT 03
メールサービスと連携し、受信メールの添付ファイルを直接保存できる

moconavi内メールサービスとBoxを連携し、受信メールに添付されたファイルをBoxに直接保存したり、Boxからファイルを直接メール添付することが可能です。この連携は、Microsoft 365(Exchange online)のようなクラウドサービスとBox間だけではなく、オンプレミスのメールサーバとBox間を連携させることもできます。

Boxのほか、moconaviファイルUIで表示したSharePoint、Googleドライブ、OneDrive、社内ファイルサーバとの間でも同様の連携ができます。

moconaviの対象端末やサポート体制など、
導入前に知っておきたいポイントは
こちらからご覧ください
導入事例
moconaviを導入いただいている
企業の事例をご紹介します
セミナー・相談会
安全なテレワーク導入への理解が深まる
セミナーや相談会を開催しています
  • ウェビナー 受付中
    ゼロトラストから学ぶ、
    エンドポイントセキュリティ対策 セミナー
    導入検討中の企業様 セキュリティ テレワーク 業務効率化
  • ウェビナー 受付中
    ゼロトラストから学ぶ、
    エンドポイントセキュリティ対策 セミナー
    導入検討中の企業様 セキュリティ テレワーク 業務効率化
  • ウェビナー 受付中
    BYODで、Microsoft365をセキュアにフル活用する。
    ~端末にデータを残さないゼロトラストな仕組みで
    ハイブリッドワークを実現~
    導入検討中の企業様 BYOD セキュリティ デジタル化 テレワーク 業務効率化
moconaviをさらに詳しく知りたい方へ

導入にあたって気になるポイントを詳しく解説します