Oktaとmoconaviが認証サービスの連携を開始。


弊社が提供するリモートアクセスサービス「moconavi」が、Okta Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡邉 崇)が運営する、アイデンティティ管理・認証基盤プラットフォーム「Okta Identity Cloud」と事前連携する7,000以上のアプリテンプレート群「Okta Integration Network」(OIN)に登録されたことをお知らせします。
 
■サービス連携について
moconaviは、端末にデータを残さないリモートアクセスサービスで、端末からのデータ漏洩を防ぎ、会社支給端末や個人所有端末(BYOD)※1を問わずに900社29万人以上に利用されています。今回、moconaviがOINに登録されたことにより、Okta Identity Cloudを利用する組織や企業のIT管理者は、moconaviとのSAML認証方式を利用したシングルサインオン(SSO)※2の設定作業を、数クリックで迅速に設定できるようになります。
 
詳しいリリースの内容は以下よりご確認ください。
・レコモットプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000018768.html  
・Oktaプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000063011.html
 
※1:BYOD(Bring Your Own Device)個人が所有するスマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどを業務に活用する仕組み。
※2:SSO(シングルサインオン)1つのID・パスワードで複数のSaaSへのログインが可能となる仕組み機能。