シングルサインオン
(SSO)

IdPと連携してmoconaviは多様なサービスにシングルサインオン(SSO)が可能

moconavi SSO連携でセキュアに
ログイン

moconavi SSO連携で一元管理されたID・パスワードを利用すれば、ユーザーも管理者も煩雑なログイン情報の管理は不要です。moconavi ワークスペースにある各サービスへ、快適かつセキュアにアクセスすることが可能になります。

  • ユーザーメリット

    moconavi SSOを使えば、ユーザーは利用サービスごとに新たなID・パスワードを設定する必要がなく、パスワード忘れや煩雑な管理から開放されます。

  • 管理者メリット

    ユーザーが利用するサービスのID・パスワードを管理する手間が省けるため、moconavi管理者の負担も軽減されます。

moconaviとのSSO連携イメージmoconavi SSO連携イメージ

moconaviでIP制限、デバイス制限が可能。面倒なデバイス証明書を配布せずに、経路とデバイスの両方を特定でき、管理も簡単でコスト(デバイス証明書やその運用費)削減につながります。

moconaviとのSSO連携イメージ moconavi SSO連携イメージ

moconaviを試してみませんか?

30日間、無料でお試しいただけます。

moconavi SSOに関するよくある質問

  • SSOとは何ですか

    SSO=シングルサインオンとは複数のクラウドサービスやSaaSなどにアクセスする際に1つのID&Passwordで認証してログインするための仕組みになります。

  • SSOのメリットとは

    利用者はパスワード管理が1つになるため、クラウドサービスやSaaS利用ごとにIDとパスワードを入力する必要がなく、覚え忘れを防ぎます。管理者もユーザーのパスワード管理やシステム管理の手間が省けます。

  • 掲載以外のIdPサービスは使えますか

    APIの公開があれば基本連携は可能ですが、場合によっては開発の必要があるIdPもあります。導入前にトライアルを行い検証することをお勧めします。

  • 導入費用は

    IdPベンダーにて動作確認が取れている場合、導入コストはかかりません。ご利用の状況によってカスタマイズが必要な場合は、別途システム開発費用がかかることもあります。

  • 設定期間はどのくらいかかりますか

    IdPベンダーで接続確認がとれAPIが公開されていればトライアル期間中(30日)に設定可能ですが、IdPにカスタマイズがある場合は別途検証が必要となります。この場合は個別相談となります。

多彩なIdPサービスと連携しSSOを実現。
詳細は「お問い合わせ」からご相談ください。