資料請求無料トライアル

テレワーク(在宅勤務)なら
法人・商用向けリモートデスクトップ

moconaviRDS

サーバー・初期費用不要で簡単導入
いつでも、どこからでも、社内のシステムに安全アクセス

資料請求

リモートワークしている写真

※「moconavi RDS」は「Splashtop」の
OEMサービスです。

テレワーク、いつもと変わらない環境で作業できていますか?

自然災害や感染症などの緊急時でも、滞りなく業務を進めるため、BCP(事業継続計画)とDR(災害対応)は企業にとって必須となっています。
そんななか特に重視されているテレワーク環境の整備。
自宅から安全に社内のシステムにアクセスし、いつもと同じように作業できる環境整備にはリモートデスクトップのmoconavi RDSが最適です。

テレワーク、いつもと変わらない環境で作業できていますか?

moconavi RDSの特長・テレワークに最適な理由

moconavi RDSとは社外から会社のPCにリモートでアクセスし、画面転送技術を使用して普段と同じように業務アプリやソフトを使った
データ閲覧・編集ができるリモートデスクトップです。moconavi RDSとインターネット環境があれば、場所にとらわれないリモートワークが可能です。

特長

クラウドタイプ画像

サーバー不要クラウドタイプ

インターネット環境さえあれば
どこからでも利用できます

セキュリティ画像

堅牢なセキュリティ

SSL/TLS、AES-256ビットで保護
デバイス認証や2段階認証などにも対応

操作性画像

タイムラグのない操作性

リアルタイムに高速描写する最新技術を採用HD画質で快適なリモートアクセスを実現

デバイス画像

幅広いデバイスに対応

iOS、Android、Windows、MacからWindows、Macへリモートアクセス可能

初期費用不要画像

初期費用不要

初期費用0円、月額費用のみ
低コストなのに豊富な機能

リモートアクセス画像

簡単ステップ

簡単な設定で、社内パソコンに
リモート接続

使用イメージ

自宅から会社PCへ安全にアクセス

会社PCに専用のエージェントソフト(ストリーマー)をインストールし、操作元のPCやタブレットには専用アプリをインストールするだけで、安全なリモート接続を実現。
自宅でも外出先でも、オフィスにいるときと同じようにPC業務が可能です。

自宅から会社PCへ安全にアクセスの画像

全世界で
3,000
以上のユーザー数

国内で
5,000
以上の導入実績

出典:Splashtop Remote Access | Remote Computer Access Connection Software | PC, Mac:Splashtop Inc.

高額な環境整備や社給PCも不要
類似サービスにはない魅力

VPN、VDI(デスクトップ仮想化)、リモートアクセス…など社内システムへアクセスするには
さまざまな方法がありますが、環境構築に費用や手間がかかるものも。

VPN、VDI(デスクトップ仮想化)
  • 環境構築に時間がかかる
  • 構築費用が高額
  • ネットワーク障害に弱い
  • サポート業務の負荷が増加
OS付属(無料)のリモートアクセス
  • 対象OSが限定的
  • セキュリティが心配
  • スピード、パフォーマンスに課題
  • 導入に時間がかかる

リモートデスクトップのmoconavi RDSなら
アプリを入れるだけですぐに導入でき低コストでテレワーク環境を実現できます。

moconavi RDS
  • アプリを入れるだけですぐ導入!
  • VPNや新たなサーバー不要!
  • ユーザートレーニング不要!
  • OSを選ばないので社給PC不要!
  • デバイス認証、2段階認証の高セキュリティ!
  • ウェブベースで管理可能

営業も経理も製造業も moconavi RDS で効率化
こんな方におすすめです

初期費用0円、低コストなのに豊富な機能

moconavi RDS Business

1ユーザー

年額9,600

リモート接続可能台数

5

同時接続

1同時接続

ご購入

01保守サービスの有無を選択

保守サービス150,000円(税抜)/年※サポート窓口利用料

02各種規約の確認と同意

サービス利用規約などをご確認いただき同意のうえご購入ください。

ご購入はこちら ご購入はこちら

ご購入はこちら

moconavi RDS Enterprise Cloud

1ユーザー

年額17,200

リモート接続可能台数

10

同時接続

10同時接続

(接続元デバイスはPCのみ)

ご購入

01保守サービスの有無を選択

保守サービス150,000円(税抜)/年※サポート窓口利用料

02各種規約の確認と同意

サービス利用規約などをご確認いただき同意のうえご購入ください。

ご購入はこちら ご購入はこちら

ご購入はこちら

※ご購入の前に「オンライン購入手続きの手順と注意事項」をご一読ください。

※保守費用はBusiness、Enterprise Cloudともに1企業様あたり、moconaviをご契約の場合は無料となります。

※本製品は無料トライアルを実施してからのご購入をお勧めします。

今すぐ資料請求

moconavi RDSサービス利用規約

moconavi RDSサービス利用規約(以下、「本利用規約」といいます)は、米国Splashtop社が開発し使用許諾権限を有し、株式会社レコモットが提供する「moconavi RDS」(moconavi RDS Business、moconavi RDS Business pro、及び、moconaviRDS Enterprise Cloudの各製品を含み、以下「本ソフトウェア」といいます)サービスの利用条件について定めるものです。お客様は、本利用規約の内容に同意のうえ本ソフトウェア利用の申込みを行うものとします。

第1章 総則
第1条 (定義)

前文のほか、本利用規約において、用語の定義は以下のとおりとします。

  1. 「お客様」
    本利用規約及び米国Splashtop社の定める本ソフトウェアの使用許諾契約条項に同意し、当社所定の手続に従い本ソフトウェアの利用を申込み、当社によって本ソフトウェアの利用を許諾された法人・団体をいいます。
  2. 「ユーザアカウント」
    お客様が、本ソフトウェアを利用するためにアカウント登録したユーザ及びそのメールアドレスをいいます。
  3. 「端末設備」
    お客様が設置する各種サーバ、端末設備、その他通信設備及び通信網をいいます。
  4. 「サービス期間」
    お客様が本ソフトウェアを利用することができる期間をいいます。但し、契約により料金の発生期間と異なる場合があります。
第2章 契約
第2条 (契約の単位)

本ソフトウェアサービス利用申込み(以下「本サービス契約」といいます)が契約単位となります。

第3条 (契約の申込み)
  1. 本ソフトウェアサービス契約の申込みは、お客様が、お客様の会社名または団体名、担当部署名、担当者名、連絡先電話番号及びメールアドレス、郵便番号、住所、その他当社が指定する事項(以下「お客様の情報等」といいます)について、PDFその他の当社が指定する方法で当社に提出しておこなうものとします。
  2. お客様は、お客様の情報等に変更が生じた場合、当社が指定する方法で速やかに当社に通知するものとします。
  3. 当社によるお客様の情報等の取り扱いは、当社のプライバシーポリシーに基づいておこなうものとします。
第4条 (契約申込みの承諾)
  1. 当社が、本サービス契約の申込みについて、お客様の情報等の各事項を確認審査し、お客様に対して申込み受領のメールを送信した日(以下「承諾日」といいます)に本ソフトウェアの利用契約が成立するものとします。
  2. 当社は、お客様の申込みが以下の各号のいずれか一に該当する場合は、本サービス契約の申込みを承諾しない、または申込み承諾後であっても利用契約を取消すことができるものとします。

    (1) 不実の内容で申込みが行なわれた場合

    (2) 当社の指定する請求代行会社によるお客様への審査が許可とならない場合。

    (3) お客様が、過去に当社が提供する各種サービス等において契約上の義務を怠ったことがある場合、または今後も怠るおそれがあると当社が判断した場合

    (4) 本ソフトウェアの継続的な提供が困難であると合理的な理由により当社が判断した場合

    (5) その他、当社が業務の遂行上著しい支障があると判断した場合

第3章 サービス内容
第5条 (サービス利用許諾範囲)

お客様は、申込みした同時接続ユーザの数に応じたユーザアカウントの登録を行うことができます。これによりユーザとして登録されたユーザの方のみが、本ソフトウェアを利用することができます。

第6条 (サービス期間)
  1. 本ソフトウェアのサービス期間は契約の種類により以下にそれぞれ定めるとおりとします。
  2. 月単位の契約の場合

    (1) お客様の契約申込を当社が承諾した日をサービス開始日とし、サービス開始日から同日の属する月の末日までの期間を最初の契約期間とします。翌月以降は月の初日から末日の1か月間を契約期間とします。契約期間は、お客様から次号に定めるサービス終了の通知、その他サービスを終了するべき特段の事情がない限り、月末日をもってさらに1ヶ月自動更新され、以後も同様とします。

    (2) お客様がサービス契約を終了したい場合、サービス期間終了希望月の前月末日までに、お客様から当社に対して、当社が指定する方法で本サービス契約終了の通知を行い、当社は、お客様からの同終了通知に対して終了確認メールを送信するものとします。なお、サービス期間は、終了希望月の末日をもって終了するものとします。

  3. 年単位の契約の場合

    (1) お客様の契約申込を当社が承諾した日をサービス開始日とし、同日から1年を経過する日の属する月の末日までの期間をサービス期間とします。

    (2) 本サービス契約を契約期間満了前に終了したい場合は、サービス期間終了希望月の前月末までに、お客様から当社に対して、当社が指定する方法で本サービス契約終了の通知を行うものとします。当社は、お客様からの契約終了の通知に対し終了確認メールを送信するものとします。なお、サービス期間は、終了希望月の末日をもって終了するものとします。

    (3) サービス期間が満了する月の前月末までに、お客様から当社に対して当社が指定する方法で本サービス契約の終了の通知がなかった場合、サービス期間満了日の翌日から起算して、当該時点で契約いただいている内容と同一の内容・条件でさらに1年間サービス契約が継続されるものとし、以後も同様とします。

第7条 (利用料金)
  1. 本ソフトウェアの利用料金は、お客様と当社、またはお客様が当社の販売代理店との間で合意した利用料金、支払方法等の条件が適用され、お客様はその条件に基づく利用料金に、利用期間に適用される消費税等を加算してこれを支払うものとします。なお、本ソフトウェアのご利用にあたり、通信事業者に対して発生する通信費、パケット料金その他発生する通信関係費用等については、本ソフトウェアの利用料金に含まれずお客様の負担となります。
  2. 前項の利用料金は、新規契約(初めての契約の場合を指し、契約の更新やユーザアカウントの増減は含みません)の場合、サービス開始日から発生し、サービス開始日からサービス開始日が属する月の末日までの期間の利用料金について1か月に満たない期間があるときは、当該月の日数による日割り精算により計算する場合があります。
  3. 契約内容の変更に伴う利用料金の変更がある場合の利用料金は、変更日を基準として、次のとおり取り扱います。

    (1)ユーザアカウント数を追加する場合は、追加があった日の属する月の1日から追加分の利用があったものとして取り扱います。

    (2)ユーザアカウント数が減少する場合は、減少のあった日の属する月の翌月1日から減少があったものとして取り扱います。

第8条 (支払義務)
  1. お客様には、当社が指定した集金代行サービスを決済手段として、当該集金代行サービスに定められた方法でサービス利用料の支払いを履行いただくものとします。
  2. お客様は、当社が前項に代えてお客様に直接請求する方法でのお支払いを指定した場合はこれを承諾し、当社があらかじめ指定する支払期日までに当社の指定する銀行口座に振り込む方法で支払いを履行するものとします。この場合、振込み手数料はお客様の負担といたします。
  3. サービス期間中にユーザアカウントの増減など変更があった場合の利用料金は、前条第3項により計算され、これにかかる消費税等相当額を合わせたものをお客様への請求額とするものとします。
  4. お客様より、サービス利用料その他の債務について支払期日を経過してもなお支払いがない場合、当社は、お客様に対し、遅延した債務のほか、支払期日の翌日から起算して支払いが行われた日の前日までの期間について、遅延した債務の金額に対して年8%の割合で計算して得られた額を遅延利息として請求できるものとします。
  5. お客様より、サービス利用料その他の債務についてお支払いがない場合には、当該お客様に対し当社は、当社の判断により本ソフトウェアの提供サービスを一時停止し、または一時停止とともに本サービス契約を解除(ユーザアカウント登録削除)できるものとします。
第9条 (契約内容の変更)
  1. お客様が契約内容の変更を希望する場合、当社が指定する方法でお申し出いただくものとします。当社は、お客様からのご連絡に対し5営業日以内に承諾メールを発送するものとし、当該承諾メールの発送日をもって契約内容の変更日とします。
  2. 前項の変更日を基準として、利用料金は第7条第3項のとおり取り扱われるものとします。
  3. 第1項とは別に、お客様に係る情報等についての変更は、本利用規約第3条第2項の記載によるものとします。
  4. お客様に係る情報等の変更について届出がないことにより、当社が変更前の連絡先等に対して通知、連絡したこと、またお客様との連絡がとれなかったことに起因して、お客様ならびに第三者に生じたいかなる損害についても当社は一切責任を負いません。
第10条 (端末設備の設置)

お客様は、本ソフトウェアを利用するために必要な所定のシステム要件を満足する端末設備を、自己の費用と責任において調達するものとします。お客様は、端末設備を本ソフトウェア利用に支障のないよう正常に稼働させるよう維持するものとします。

第11条 (制限及び禁止事項)

お客様は本ソフトウェアの利用にあたり、以下の行為を行なってはいけません。

(1)自ら、及び自らがアカウント登録したユーザのいずれにも該当しない第三者をして、本ソフトウェア及びこれに関連する全てのドキュメント、商標等の知的財産権を利用し、又はする権利を許諾、付与すること

(2)本ソフトウェアに関連するドキュメントやプログラムを修正、翻訳、変更、改造、若しくは解析すること。また、本ソフトウェアの派生サービスを作成し、配布等する行為

(3)当社及び、第三者に不利益もしくは損害を与える行為、またはその恐れのある行為

(4)公序良俗に反する行為

(5)法令に違反する行為や犯罪行為、それらを幇助する行為、またはそのおそれのある行為

(6)有害プログラムを含んだ情報やデータを登録、提供する行為

(7)本ソフトウェア及び当社が提供する全てのサービスの運営を妨げる行為、またはそのおそれのある行為

(8)本ソフトウェア及び当社が提供する全てのサービスの信用・名誉等を毀損する行為、またはそのおそれのある行為

(9)その他、本規約及び米国Splashtop社の定める本ソフトウェアの使用許諾契約条項の定めに違背する行為

第12条 (秘密情報)
  1. 「秘密情報」とは、本利用規約に基づくmoconavi RDSの利用・提供(以下「取引」といいます)において開示を受けた、お客様及び当社が口頭もしくは書面で「秘密」と指定した、秘密である、もしくは相互に相手方の所有または管理物だと知っている、もしくは当然知り得る相手方の企業秘密またはノウハウを含むがそれらに限定されないあらゆる非公開の企業情報及び技術情報を意味します。
  2. 上記にかかわらず、秘密情報には次の一に該当するものは含まれません。

    (1) 開示を受ける前に公知であったもの

    (2) 開示を受けた後に自己の責に帰すべき事由によることなく公知となったもの

    (3) 開示を受ける前に既に自ら保有していたもの

    (4) 正当な権限を有する第三者から秘密保持義務を負わずに入手したもの

    (5) 開示を受けた情報によることなく独自に開発したもの

  3. お客様及び当社は、相手方の書面による事前の承諾なく、秘密情報を第三者に開示又は漏洩してはなりません。ただし、法令により開示義務を負うとき又は法律上権限ある公的機関により開示を命じられたときは、必要な範囲内に限り、開示することができるものとする。この場合、秘密情報を開示しようとする者は、事前に相手方に通知しなければなりません。
  4. お客様及び当社は、秘密情報について、本利用規約に基づく取引の目的の範囲でのみ使用するものとします。
  5. お客様及び当社は、本利用規約に基づく取引が終了したときは、秘密情報を破棄するものとします。
第13条 (ユーザアカウント、パスワードの自己管理)
  1. 当社は、お客様に対しパスワードを発行し、これをお客様の指定した先に電子メールで通知します。
  2. お客様は、ユーザアカウント、パスワードの取扱いに注意し、登録ユーザ以外の第三者に公表、漏洩流布しないものとします。
  3. ユーザアカウント、パスワードが登録ユーザ以外の第三者に知られたことにより発生した直接的、間接的、その他すべての損害、及び以降において本ソフトウェアをご利用いただけなくなることに伴うお客様の損害等について、当社は一切責任を負いません。ただし、当該漏洩流出等が当社の責めによる場合はこの限りではありません。
第4章 サービスの停止・契約の解除・終了等
第14条 (サービスの停止)
  1. 当社は以下の各号のいずれかに該当する場合には、本ソフトウェアの提供を停止することがあります。

    (1) ネットワーク網、その他本ソフトウェアを提供するために必要なシステムのメンテナンス、電気通信設備の保守上または工事上やむを得ないとき、またこれらにやむを得ない障害が発生したとき

    (2) ネットワーク網に著しい負荷や障害が与えられることによって正常なサービスを提供することが困難である場合、または困難であると当社が判断したとき

    (3) データの改ざん、ハッキング等本ソフトウェアを提供することにより、お客様、第三者等が著しい損害を受ける可能性を当社が認知したとき

    (4) 電気通信事業者または国内外の電気通信事業体が電気通信サービスの提供を中止、及び停止することにより、本サービス契約に基づく本ソフトウェアの提供を行なうことが困難になったとき

    (5) 天災地変、戦争、内乱、法令の制定改廃その他不可抗力等により、非常事態が発生した場合、またはそのおそれがあるとき

    (6) その他、当社が本ソフトウェアの提供を停止、緊急停止する必要があると判断した場合。

  2. 当社はお客様及び第三者からの緊急停止要請に関して原則としてこれを受け付けません。
  3. 当社は本ソフトウェアを停止すること、ならびに停止できなかったことによってお客様、及び第三者が損害を被った場合も、当社は一切の賠償責任を負いません。
第15条 (サービス等の変更・一部廃止)

当社はお客様の認識如何に関わらず、原則として事前に予告のうえ、本ソフトウェアの内容等を変更または一部廃止することがあります。

第16条 (サービスの廃止)

当社は本サービス契約に基づく本ソフトウェアの提供の全部を廃止することができます。なお、この場合、当社はお客様に対して、当該廃止予定日より3ヶ月以上前に通知するものとします。

第17条 (譲渡・担保等の禁止)

お客様は本ソフトウェアを利用する権利を譲渡、貸与、リース、質権、その他担保の目的とすることのいずれも行なうことはできません。なお、当社は、本ソフトウェアの利用状況に基づき、ユーザアカウントまたはパスワードの不正使用をモニタリングする権利を保有いたします。

第18条 (委託)

当社は本ソフトウェアの提供に関する業務の一部または全部を第三者に委託することができるものとします。

第19条 (契約の解除・終了)

当社からの解除については以下のとおりとします。

  1. お客様が以下の項目の1つにでも該当した場合、当社は、お客様に対してなんらの催告なくして本サービス契約を即時解除することができます。

    (1) お客様が本利用規約の条項及び条件の1つにでも違反した場合

    (2) 破産手続開始、会社更正手続、民事再生手続の申立を受け、または自ら申立てた場合

    (3) 仮差押、仮処分、強制執行、競売等の申立、仮登記担保契約に関する法律第2条に定める通知、手形交換所の取引停止処分もしくは租税公課の滞納その他滞納処分を受けた場合、またはこれらの申立、処分、通知を受けるべき事由が生じた場合

    (4) 長期間にわたり当社からお客様へ、電話・電子メール・郵便・訪問等の手段によっても連絡がつかない場合

    (5) その他当社が別に定める場合

  2. 解除・終了後の措置については以下のとおりとします。
  3. (1) 本サービス契約が解除された場合、ユーザアカウントは解除の日以降一切使用することはできません。

    (2) 本サービス契約の解除・終了日がサービス期間中に到来した場合、すでにお申込みされたサービス期間分の料金については、第15条、第16条に該当する場合を除き、解除・終了理由の如何に関わらず返金等は一切行ないません。なお、自動継続されている場合も同様に取扱います。

第5章 免責等
第20条 (保証の制限)
  1. お客様は、本ソフトウェアの利用に基づいて発生した一切の直接・間接の損害(データ滅失、サーバダウン、業務停滞、第三者からのクレーム等)ないし危険はすべてお客様が負うことをここに確認し、同意するものとします。当社は、本ソフトウェアに含まれた機能がお客様の要求を満足させるものであること、本ソフトウェアが正常に作動すること、本ソフトウェアに契約不適合箇所(いわゆるバグ、構造上の問題等を含む)が存していた場合には、これらが解消されるための合理的な努力を行いますが、これらが解消または修正されること、のいずれも保証いたしません。また、当社のいかなる口頭または書面によるいかなる情報または助言も、新たな保証を行ない、またはその他いかなる意味においても本保証の範囲を拡大するものではありません。
  2. 当社は本ソフトウェアに付随するサービス等について、お客様の事前の許可なく変更・中止する場合があります。本利用規約締結時における本ソフトウェアと同等の使用環境を永続的に保証するものではありません。
  3. 当社は本ソフトウェアにおける内容及びお客様が本ソフトウェアを通じて得る情報等についてその完全性、正確性、確実性、有用性などのいかなる保証も行なわないものとします。
第21条 (免責事項)
  1. いかなる場合であっても、不法行為、契約その他いかなる法的根拠による場合でも、当社、その他米国Splashtop社、再販売業者、及び各情報コンテンツの提供会社は、お客様その他の第三者に対し、営業価値の喪失、業務の停止、コンピューターの故障による損害、その他あらゆる商業的損害・損失等を含め一切の直接的、間接的、特殊的、付随的または結果的損失、損害について責任を負いません。さらに、当社は、第三者のいかなるクレームに対しても責任を負いません。また、各情報コンテンツの提供会社によって提供されるサービス等のご利用については、各情報コンテンツ提供会社の取り決めに基づくものとします。お客様は本ソフトウェアの利用に関わるすべての危険はお客様のみが負うことをここに確認し、同意するものとします。
  2. 当社は、お客様が修正登録されたパスワード等について、お客様の事前の同意なく閲覧、使用等を行なうことはいたしません。よって、お客様が書き込まれたパスワード等の内容について当社は一切責任を負いません。これらに付随して発生した紛争等の処理は、お客様は自己の費用負担と責任において当該紛争を解決するものとし、当社に対し、仲裁、照会その他のいかなる請求もできません。
  3. 前各項の場合、お客様に生じた損失・損害等の直接の原因が当社の重大な責にあるときはこれらの規定の限りではありません。但し、その場合において当社の負う賠償の限度額は、当該損失・損害の原因となる事象の生じた時点における契約内容によるお客様の利用料の1年分を限度とします。
第22条 (情報等の送付)

当社は、本ソフトウェアの利用上必要と判断した情報・ファイル及びアンケート、製品等に関するお知らせ等を電子メール、郵送による書面通知、その他の手段を通じてお客様に送付することがあります。またそれらの手段による連絡がつかない場合、または情報等の緊急性・重要性が高い場合、当社は、自己判断によりやむを得ずお客様が利用する本ソフトウェアの一部の機能を利用してそれらの情報等をお客様に連絡することができます。なお、それらによってもお客様と連絡がとれない場合、当社は連絡しなかったことによる責任は一切負わないものとします。

第23条 (権利の帰属)

本ソフトウェアの実施環境を構成するすべてのプログラム、ソフトウェア、サービス、手続、文書、図面、ドキュメント、商標、商号等に関する所有権、著作権をはじめとするその他一切の知的財産権は、米国Splashtop社または当社及びその供給者に帰属します。本ソフトウェア、本ソフトウェアに関する文書、図面、ドキュメントなどの文書は、著作権法及びその他の知的財産権に関する法律ならびに条約によって保護されています。したがって、お客様はこれらを他の著作物と同様に扱わなければなりません。なお、本ソフトウェアからアクセスされ表示・利用される各コンテンツについての知的財産権は、各情報コンテンツ提供会社の財産であり、著作権法及びその他の知的財産権に関する法律ならびに条約によって保護されています。

第24条 (反社条項)
  1. お客様及び当社は、次の各号に定める事項を表明し、保証します。

    (1) 自己及び自己の役員が反社会的勢力(平成19年6月19日付犯罪対策閣僚会議発表の『企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針』に定義する「反社会的勢力」をいう。以下同じ。)でないこと、また反社会的勢力でなかったこと。

    (2) 自己及び自己の役員が、自己の不当な利得その他目的の如何を問わず、反社会的勢力の威力等を利用しないこと。

    (3) 自己及び自己の役員が反社会的勢力に対して資金を提供するなど、反社会的勢力の維持運営に協力しないこと。

    (4) 自己及び自己の役員が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しないこと。

    (5) 自己及び自己の役員が自ら又は第三者を利用して、相手方に対し暴力的な要求行為等法的な責任を超えた不当な要求を行い、相手方の名誉や信用を毀損せず、また、相手方の業務を妨害しないこと。

  2. お客様及び当社は、前項各号に違反する事実が判明した場合には、相手方に直ちに通知するものとします。
  3. お客様及び当社は、相手方が第1項に違反した場合は、何らの通知催告を要せず、直ちに本利用規約に基づく相互間の契約の全部又は一部を解除することができるものとする。なお、かかる解除により相手方に損害が生じても、お客様及び当社はこれを賠償する責を負わないものとします。
第6章 雑則
第25条 (準拠法・裁判管轄)
  1. 本利用規約は日本国の法律を準拠法とします。
  2. お客様と当社の専属的合意管轄裁判所は、訴額に応じて東京簡易裁判所または東京地方裁判所といたします。
第26条 (規約の変更)

当社は、2か月以上の期間を前置してあらかじめお客様に通知した上で、本規約の内容を変更することができるものとします。

以上

  • 次へ

クラウドお客様サポート約款

1.(定義)

本約款で使用する用語の定義は次の各号に定める通りとする。

  1. 「登録ユーザー」とは、本ソフトウェア及び本サービスを利用するユーザーとして登録された、お客様との間に雇用関係を有する日本国内に在住するユーザーをいう(お客様による出資比率にかかわらず、お客様の子会社及び関連会社はお客様と同一の法人又は団体とはみなさない)。
  2. 「企業管理者」とは、登録ユーザーの登録、削除等の管理を行うことのできる担当者をいう。
  3. 「サポート窓口担当者」とは、本ソフトウェア及び本サービスに関するサポートをレコモットに要請することのできる、お客様の窓口担当者をいう。
  4. 「VPNソフト」とは、お客様が本サービスを閉域された環境にて利用する上で必要なソフトウェアで、お客様の社内情報を暗号化し、本サービスのクラウドサーバーに中継する機能を有するソフトウェアをいう。
  5. 「携帯アプリ」とは、お客様が本ソフトウェア及び本サービスを利用する上で必要な携帯電話向けのアプリケーションソフトをいう。
  6. 「クラウドサーバー」とは、認証機能を有し、お客様の社内サーバーと携帯アプリがダウンロードされた携帯電話を中継するシステムをいう。
  7. 「本システム」とは、本ソフトウェアのサーバーシステム、本サービスのクラウドサーバー及びVPNソフト、本ソフトウェア及び本サービスの携帯アプリのすべてをいう。
2.(サポートの提供)
  1. レコモットは有償、無償に関わらず、別途「お客様サポートサービス」の申込をされたお客様に、本ソフトウェア及び本サービスの利用に関する疑問事項や動作上のトラブル等(以下、「サポート諸問題」という)が生じた場合、事前に登録されたサポート窓口担当者から電子メール、電話又はFAXにてサポート要請を受け付けるものとする。
  2. レコモットはお客様のサポート諸問題に対して、助言(以下、総称して「サポート助言」という)を行うものとする。かかるサポート助言はレコモットの営業日の10:00〜18:00(以下、「対応日時」という)に電子メールによって提供されるものとし、人員の出張及び派遣は行わない。
  3. レコモットはサポート助言の提供にあたり、サポート諸問題の原因を特定するために状況の確認等の調査協力をお客様に依頼することがある。お客様がかかる依頼に協力いただけない場合、レコモットは適切なサポート助言の提供はできない。
  4. レコモットは、お客様からの依頼があり次第、速やかにサポート助言を提供するものとする。但し、合理的な理由によりレコモットが速やかにこれを実施できない場合がある。また、お客様による本サービスの利用状況等の理由によりレコモットがサポート助言を有効に提供できないと判断した場合、レコモットはサポート助言の提供を拒否することができるものとする。
  5. お客様からレコモットに対するサポート助言の依頼及びレコモットからお客様に対するサポート助言の提供は、日本語により実施されるものとする。
  6. レコモットからのサポート助言は事前に登録されたお客様のサポート窓口担当者からの依頼に対してのみ提供され、登録ユーザー等その他の方からの依頼に対してサポート助言は提供されない。
3.(ニューバージョンソフトの提供)

レコモットは、レコモットが必要と判断した場合において最新の本ソフトウェアのサーバープログラム、本サービスのクラウドサーバー及び最新のVPNソフト、本ソフトウェア及び本サービスの携帯アプリ(以下、「ニューバージョン」という)をお客様に提供するものとし、レコモットのニューバージョン提供後のサポート助言は原則ニューバージョンを含む最新2世代に対してのみ行われる。

4.(適用除外)

次の各号に該当する場合は、サポート助言の対象外となる。

  1. レコモットからお客様に対して提供された本サービスに関する関連資料、本マニュアル等の文書(以下、「関連文書」という)に記述されていない内容に関する場合
  2. お客様が、レコモット推奨環境以外の環境にて本サービスをご利用の場合あるいはお客様が本サービスと組み合わせて使用するソフトウェア固有の仕様に依存するインストール方法又は動作方法に関する場合
  3. 携帯電話のプラットフォーム固有の仕様に対応するインストール方法又は動作方法に関する場合
  4. 本サービス及び関連文書のサポート諸問題が下記に起因する場合
    1. 火災、風水害、地震、落雷等の天変地異その他不可抗力
    2. お客様の故意による取扱上の問題
    3. レコモット以外による本サービス及び関連文書の改変
    4. レコモットが連携又は対応を表明するソフトウェア以外の組み合わせによる本サービスの利用
  5. お客様が対応日時外に及ぶサポートをレコモットに依頼した場合
5.(免責)

レコモットはお客様が満足し得るよう誠意を持ってサポートの提供にあたるものとするが、サポートを通じてすべてのサポート諸問題が解決されることを保証するものではない。

6.(第三者への委託)

レコモットは、サポートの一部又は全部を第三者へ委託できるものとする。

以上

  • 前へ
  • 次へ

Splashtopエンドユーザ使用許諾契約書

このエンドユーザー使用許諾契約(以下「本契約」)は、お客様(以下に定義)とSplashtopInc.(以下に定義)との間で締結され、SPLASHTOP製ソフトウェア(以下に定義)をお客様が使用される際の使用条件を定めるものです。
お客様が本契約書を読み、契約条件に同意することを了解したことになります。
本契約のすべての条件に同意しない場合は、本ソフトウェアへのアクセス、ダウンロード、インストール、または利用はお控えください。
本ソフトウェアは、お客様が本契約のすべての条件に同意することを条件にその使用を許諾します。

第1条 定義

「ドキュメンテーション」とは、本ソフトウェアに添付された、本ソフトウェアのインストール、操作、および使用方法を説明する電子文書および印刷物を意味します。
「SPLASHTOP」とは、SplashtopInc.ならびにその承継人および譲受人を意味します。
「ソフトウェア」とは、本契約の条件に従いお客様が使用を許諾される、SPLASHTOP製ソフトウェアのオブジェクトコードのフォーマットのみを意味します。
「お客様」とは、個人、または法人により当該の法人を代表する権限を与えられた当該の法人の従業員もしくは代理人を意味します。
「製品」とは、本ソフトウェアが組み込まれたハードウェア製品を意味します。
「サードパーティソフトウェア」とは、SPLASHTOPが第三者より使用許諾を受けて、本ソフトウェアに組み込んでお客様に提供する特定のソフトウェアを意味します。

第2条 知的所有権の保護

本ソフトウェアおよびドキュメンテーションはSPLASHTOPが所有するものであり、米国および全世界の著作権法およびその他の知的財産法、ならびに国際貿易規定により保護されています。
お客様は、本ソフトウェアおよびドキュメンテーションが、SPLASHTOPが所有する未公開の情報を含み、高価値の企業秘密を有する可能性があることを確認します。
SPLASHTOPは、本ソフトウェアおよびドキュメンテーションに関し、本契約内で明示的に許可されていないすべての権利を有します。
お客様が本契約のいずれかの部分を侵害した場合、本契約による使用許諾、ならびに本ソフトウェアおよびドキュメンテーションに対するお客様の使用権は自動的に消滅するものとします。
お客様の使用権が消滅した場合、お客様は本ソフトウェアおよびドキュメンテーションならびにそのすべてのコピーを直ちに破棄するものとします。

第3条 秘密情報

「秘密情報」とは、口頭もしくは書面で「秘密」と指定された、秘密である、もしくはお客様がSPLASHTOPの所有物だと知っている、もしくは当然知り得るSPLASHTOPの企業秘密またはノウハウを含むが、それらに限定されない、SPLASHTOPのあらゆる非公開の企業情報および技術情報を意味します。
お客様は、本秘密情報を極秘に取り扱うことに同意します。
お客様は、本秘密情報にアクセスする権限を持たない人が、本秘密情報にアクセスないことを保証するものとします。
上記にかかわらず、秘密情報には、(i)権利が消滅してパブリックドメインの一部となり、お客様により本契約の違反とならない情報、(ii)秘密情報を参考にすることなく、お客様が独自に開発した情報、または(iii)開示に関する制限なしに、第三者によりお客様に正当に開示された情報は含まれないものとします。

第4条 使用許諾の付与

お客様が本契約の条件を受諾および順守することを条件として、SPLASHTOPはお客様に、個人の場合は個人使用目的において、また組織の場合はその内部使用目的において、譲渡不能、二次ライセンス許諾不能、および非排他的な本ソフトウェアおよびドキュメンテーションの使用許諾を付与するものとします。

第5条 使用許諾の制限

(オンライン上に存在するあらゆる使用者のドキュメンテーション、およびそれに含まれるソフトウェア、ならびにそれらのあらゆる翻案を含む)本ソフトウェアの所有権は、SPLASHTOPに帰属するものとします。
本契約内で別段に定められた場合、または事前にSPLASHTOPから書面による許可を受けた場合を除き、お客様は、(a)本ソフトウェアの全部もしくは一部の複写、複製、転送、派生作品の創作、翻案、逆設計、逆アセンブル、逆コンパイル、もしくはソースコードの抽出、改変、もしくは改造、もしくはその一部の除去、もしくはお客様が上記の行為を他者に行わせる、もしくはその許可を与えること、(b)SPLASHTOPにより設置されたもしくは組み込まれた、もしくはいかなるソフトウェアもしくはドキュメンテーション内のいかなる著作権表示もしくはその他の所有権表示を除去、改変、被覆、もしくは不明瞭にすること、(c)本ソフトウェアまたはドキュメンテーションを営利目的で販売、再販売、賃借り、賃貸し、もしくは無償で貸すこと、もしくは営利的タイムシェア、賃貸し、もしくはサービスビューロー使用すること、または、(d)本ソフトウェアもしくはドキュメンテーション、もしくはそれらの一部を使用して、コピーガード回避装置を作動させる、もしくは内容物の著作権、内容物の保護機構、もしくは内容物のコピーポリシーに違反もしくはそれらを回避することはしないものとします。

第6条 サードパーティソフトウェア

本ソフトウェアに内蔵または付属するサードパーティソフトウェアは、そのライセンサーの利用規約の対象となります。
お客様は、当該サードパーティソフトウェアの使用に際にその利用規約に従うものとします。当該サードパーティソフトウェアの利用規約の内容については、次のURL(http://www.splashtop.com/credits)に記載されたサードパーティソフトウェアの一覧を参照してください。ただし、お客様による当該のサードパーティソフトウェアの使用には、本契約の第5条(「使用許諾の制限」)、11条(「保証責任の否認」)、および12条(「責任の制限」)も効力を有するものとします。お客様は当該のサードパーティソフトウェア利用規約に従うことに同意するものとします。

第7条 商標

お客様は、用語「SPLASHTOP」、ならびにその以下の関連するその他のロゴおよび図形(以下「SPLASHTOP商標」)は、米国およびそれ以外の国において登録されたSPLASHTOPの独占的商標であり、またお客様は、SPLASHTOPから事前の商標使用許諾を受けない限り、SPLASHTOP商標を使用しないことを確認して同意するものとします。
本契約書に記載されるすべての商標およびサービスマークは、それぞれの所有権者の独占的所有物です。
本契約書に記載されるすべての商標およびサービスマークの無断転載を禁じます。

第8条 情報収集

SPLASHTOPは、SPLASHTOPウェブサイトおよび/またはSPLASHTOP製ソフトウェア上のユーザー情報を追跡できるものとし、また、収集した情報を傾向および統計の分析のために使用できるものとします。
これらの情報は総計の形態でのみ維持、使用、および公開されます。
SPLASHTOPは収集した情報を、傾向の分析、ウェブサイトの管理、調査の実施、ならびに集計としての使用および市場調査目的のための広範囲な統計情報の作成および収集を目的として使用することができます。
SPLASHTOPの製品およびサービスに対する個人情報保護方針に関するより詳しい情報は、http://www.splashtop.com/privacyをご参照ください。

第9条 アップデートおよびアップグレード

SPLASHTOPは、独自の判断により、またその義務を負うことなく、インターネットまたはその他の手段を通じて、本ソフトウェアのアップデートおよび/またはアップグレードを行うことができます。
これらのアップデートおよびアップグレードは本ソフトウェアの定義の範囲に含まれ、本契約の条件に従うものとします。
本契約は、本ソフトウェアおよび本ソフトウェアに関するいかなるサポート、保守、補助、その他をお客様に付与するものではありません。

第10条 契約の解除

お客様が本契約の条項に対する重大な違反を犯した場合、SPLASHTOPは直ちに本契約を解除することができます。
本契約が解除または満了された場合、(a)本契約により付与されたすべての使用権は、お客様へのこの上の通告なしに自動的に解除され、また(b)お客様は本ソフトウェアおよびドキュメンテーションの使用を直ちに中止するものとします。
本契約が満了または解除された場合でも、本契約の第1、2、3、6、7、8、10、11、12、13、14、15、および16条は完全な効力を持って存続するものとします。

第11条 保証責任の否認

本ソフトウェアおよび本ソフトウェアのすべてのアップデートまたはアップグレード、ならびにドキュメンテーションは、何らの保証もなく、現状のままで提供されるものとします。
SPLASHTOPは、SPLASHTOP自身、およびライセンサー、サプライヤーの、本契約に関連する、商品性の保証、特定目的への適合性、および第三者の権利を侵害していないことを含むが、それらに限定されない、明示・暗示を問わず、法定またはその他の、すべての保証責任を否認するものとします。
SPLASHTOPは本ソフトウェアの正確性、完全性、品質、もしくは本ソフトウェアに欠陥がないこと、エラーまたは中断なく実行すること、お客様の要求を満たすこと、コンピュータウイルスに感染していないこと、またはSPLASHTOPがすべてのエラーを修正することを保証しません。
一部の法律では暗示保証の除外を認めておりませんので、その範囲で、この除外がお客様に適用されない場合があります。

第12条 責任の制限

いかなる場合も、SPLASHTOP、またはそのランセンサーもしくはサプライヤーは、(利益の損失、事業の中断、情報の消失、またはその他の金銭的損失を含むが、これらに限定されない)本契約に起因し、または関連するいかなる特別な、偶発的な、結果的な、懲罰的な、または間接的な損害に、SPLASHTOPがこれらの損害の可能性について予め警告を受けていた場合においても、責任を持たないものとします。
一部の司法管轄区では偶発的または結果的な損害の除外または制限を認めておりませんので、その範囲において、上記の制限または除外がお客様に適用されない場合があります。いかなる場合も、本契約に起因または関連するSPLASHTOPの累積責任の限度額は50米ドルを超えないものとします。

第13条 生命維持およびその他のクリティカルシステム

本ソフトウェアは、その故障が、人身傷害、死亡、または物的損害、環境的損害、または業務上の損害をもたらすと合理的に予想されるあらゆるシステム上での使用を禁じます。
上記に制限を加えることなく、本ソフトウェアはいかなる生命維持装置と関連して使用することを禁じます。
お客様は、SPLASHTOPならびにその役員、取締役、従業員、関係者、およびランセンサーが、本ソフトウェアの上記のいかなる使用に起因するクレームまたは損失による損害を与えないことに同意するものとします。

第14条 輸出の管理

本ソフトウェアは本契約に従い、(輸出管理規則(「EAR」)、および米国財務省の海外資産管理室の制裁措置を含むが、これらに限定されない)米国の輸出管理に関する法令に従うことを、お客様は確認して同意するものとします。
お客様は、お客様自らの負担にて、適用されるあらゆる法令およびその他の要求事項に従うものとします。
お客様は、米国政府の事前の承認なしに、直接的または間接的に、(i)米国の輸出禁止対象国(現時点でキューバ、イラク、リビア、スーダン、北朝鮮、イラン、シリア)またはこれらの国の居住者もしくは国民、または(ii)米国商務省の「法人リスト(EntityList)」または「取引禁止者リスト(DeniedPersonsList)」、または米国財務省の特別指定国民および凍結者リスト(SDN(SpeciallyDesignatedNationalsandblockedPersons))リストに記載される個人または法人に、本契約に従属する本ソフトウェアまたは技術を輸出、再輸出、または譲渡しないものとします。
本ソフトウェアをダウンロードまたは使用することで、お客様は上記内容に同意し、お客様が上記の国家に居住しておらず、その管理下になく、もしくはその国民もしくは居住者ではなく、またはリストに掲載された個人または法人でないことを表明し保証したことになります。

第15条 米国政府の制限付き権利

本ソフトウェアおよびドキュメンテーションは、DFAR227.7202およびFAR12.212が適用される「商用コンピュータソフトウェア」および「商用コンピュータソフトウェアドキュメンテーション」とみなされます。
48C.F.R.12.212および48C.F.R.227.7202-1から227.7202-4まで(1995年6月)に従い、本ソフトウェアは米国政府のエンドユーザーに(a)商用最終品目としてのみ、および(b)本契約の条項に従うすべてのエンドユーザーに与えられるものと同じ権利とともに、提供されます。

第16条 一般条項

本契約は、お客様とSPLASHTOPおよびその承継人との間で完全なる合意を構成し、本契約の主題に関して以前または同時に行われた、筆記または口頭による合意、通信および/または了解すべてに優先するものとします。
SPLASHTOPは、SPLASHTOPが署名した書面により明確に同意した場合を除き、いかなる注文書、受領書、承諾書、確認書、書簡、その他の条項に束縛されることはないとします。
本契約の条項が無効、違法、または実行不可能であるとされた場合は、その条項は適用法により許可される最大限の範囲で効力を持ち、また、その他の条項は影響を受けないものとします。
本契約は、カリフォルニア州法に従い、抵触法の条項は適用されないものとします。
本契約の当事者は、物品売買に関する国際連合条約の適用性を明確に否認するものとします。
本契約に起因または関連したクレームまたは紛争は、米国カリフォルニア州サンタクララ郡管轄の任意の連邦または州裁判所をその管轄とし、お客様はこれらの裁判所での対人および専属管轄権ならびに裁判地に同意し、これらの裁判所での審理手続きに異議を唱えないものとします。
お客様は、本契約または本契約にもとづく権利または義務を譲渡または移転することはできません。
本契約に反する本契約の譲渡または移転は無効とします。
上記に従い、本契約は本契約の当事者の後継者および法的に認められた承継人を拘束し、またそれらの利益ために効力を生じるものとなります。
SPLASHTOPは本契約にもとづく権利を、その関係者および受託者に、合併、買収、併合、再編または本契約に関するすべての資産もしくは実質的にすべての資産の売却により譲渡することができ、その場合、本契約におけるSPLASHTOPへの言及は、その承継人に対する言及と見なされます。
エンドユーザー使用許諾契約(「EULA」)の原文は英語で作成されており、参照のみを目的として他の言語に翻訳されています。英語版と翻訳版の内容が異なる場合は、英語版に準拠するものとします。

本契約は2012年8月24日に最終更新されました。

END USER LICENSE AGREEMENT

This End User License Agreement (“EULA”) between You (defined below) and Splashtop Inc. describes the terms and conditions of your use of SPLASHTOP’s Software (defined below). BY CLICKING THE “ACCEPT” BUTTON BELOW, YOU AFFIRM THAT YOU HAVE READ AND AGREE TO ALL OF THE TERMS AND CONDITIONS OF THIS AGREEMENT. If you do not agree to all of the terms of this Agreement, do not access, download, install or otherwise use the Software. The license granted hereunder is conditioned upon your accepting all of the terms of this EULA.

1. DEFINITIONS

“Documentation” means any electronic or printed materials that accompany the Software that provide instructions for the installation, operation and use of the Software.
“SPLASHTOP” means Splashtop Inc. and its successors and assigns.
“Software” means the SPLASHTOP software, in object code format only, that is licensed to You subject to the terms and conditions of this EULA.
“You” means an individual or an employee or agent of a legal entity that is authorized to represent such entity.
“Product” means the hardware product in which the Software is embedded.
“Third Party Software” means certain software that SPLASHTOP licenses from third parties and provides to You incorporated into the Software.

2. INTELLECTUAL PROPERTY PROTECTION

The Software and Documentation are owned by SPLASHTOP and are protected by United States and international copyright and other intellectual property laws and international trade provisions. You acknowledge that the Software and Documentation may contain unpublished information and embody valuable trade secrets proprietary to SPLASHTOP. SPLASHTOP reserves all rights in the Software and Documentation not expressly granted in this EULA. The license granted hereunder and your right to use the Software and Documentation terminate automatically if You violate any part of this EULA. In the event of termination, You must immediately destroy the Software and Documentation, and all copies thereof.

3. CONFIDENTIAL INFORMATION

“Confidential Information” means any non-public business or technical information of SPLASHTOP including, without limitation, any information relating to SPLASHTOP’s trade secrets or know-how that is designated as “confidential,” either orally or in writing, or that You know or should know is considered confidential or proprietary by SPLASHTOP. You agree to maintain the Confidential Information in strict confidence. You shall ensure that no unauthorized persons shall have access to the Confidential Information. Notwithstanding the foregoing, Confidential Information shall not include information that (i) becomes part of the public domain through no breach of this Agreement by You; (ii) is independently developed by You without reference to any Confidential Information; or (iii) is rightfully disclosed to You by a third party without restriction on disclosure.

4. LICENSE GRANT

Subject to your acceptance of and compliance with the terms of this EULA, SPLASHTOP hereby grants You a non-transferable, non-sublicensable, non-exclusive license to use the Software and Documentation only as integrated and embedded in the Product for your personal use if an individual or internal business use if an entity.

5. LICENSE RESTRICTIONS

Title to the Software (including any online user documentation and software contained therein and all translations thereof) shall remain with SPLASHTOP. Except as otherwise provided herein, or unless approved in advance by SPLASHTOP in writing, You shall not (a) in whole or in part, copy, reproduce, transfer, create derivative works from, translate, reverse engineer, disassemble, decompile, or otherwise attempt to derive the source code, alter or modify the Software, or remove any portion thereof, nor shall You cause or permit any other person to do the foregoing; (b) remove, alter, cover or obfuscate any copyright notices or other proprietary rights notices placed or embedded by SPLASHTOP on or in any Software or Documentation; (c) sell, resell for a profit, rent, lease or lend the Software or Documentation or use it for commercial time sharing, rental or service bureau use; or (d) use the Software or Documentation, or any component thereof, to enable copyright protection-circumvention devices or to violate or circumvent in any manner any content copyright, content protection scheme, or content copy policies.

6. THIRD PARTY SOFTWARE

Certain Third Party Software provided in or with the Software is subject to various other terms and conditions imposed by the licensors of such Third Party Software.
Your use of the Third Party Software is subject to and governed by the respective Third Party Software licenses, which relevant licenses for such Third Party Software You may view through the hypertext links in the Third Party Software list located at the following URL: http://www.splashtop.com/credits except that Section 5 (“License Restrictions”), Section 11 (“Disclaimer of Warranties”) and Section 12 (“Limitation of Liability”) of this Agreement also govern Your use of the Third Party Software. You agree to comply with the terms and conditions contained in all such Third Party Software licenses.

7. TRADEMARKS

You acknowledge and agree that the term SPLASHTOP and other related logos and designs provided hereunder (collectively, the “SPLASHTOP Trademarks”) are the exclusive trademarks of SPLASHTOP, registered in the United States and elsewhere, and that You shall not use the SPLASHTOP Trademarks without first obtaining a trademark license from SPLASHTOP. All other trademarks and service marks referenced herein are the exclusive property of their respective owners. All rights reserved.

8. AGGREGATE INFORMATION

SPLASHTOP may track data of the users of its web site and/or Software, and SPLASHTOP may analyze this data for trends and statistics in the aggregate. Such information will be maintained, used and disclosed in aggregate form only.
SPLASHTOP may use such aggregate information to analyze trends, administer its web site, conduct research and development and gather broad demographic information for aggregate use and marketing purposes. You may find out more information about SPLASHTOP’s privacy policy for the product or services You use athttp://www.splashtop.com/privacy.

9. UPDATES AND UPGRADES

SPLASHTOP may, from time to time, in its sole discretion, and without any obligation to do so, make updates and/or upgrades to the Software available via the Internet or other sources. All such updates and upgrades shall be deemed to be included within the definition of Software and shall be subject to the terms and conditions of this EULA.
This EULA does not entitle you to any support, maintenance, assistance or the like, with respect to the Software or the Product.

10. TERMINATION

SPLASHTOP may immediately terminate this Agreement upon your material breach of this Agreement. Upon termination or expiration of this Agreement: (a) all license rights granted hereunder will automatically terminate without further notice to you; and (b) You shall immediately discontinue use of the Software and Documentation.
Sections 1, 2, 3, 6, 7, 8, 10, 11, 12, 13, 14, 15 and 16 shall survive the expiration or termination of this EULA in full force and effect.

11. DISCLAIMER OF WARRANTIES

THE SOFTWARE, AND ANY UPDATES OR UPGRADES THERETO, AND DOCUMENTATION ARE PROVIDED “AS-IS” WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND. SPLASHTOP, ON BEHALF OF ITSELF AND ITS LICENSORS AND SUPPLIERS, DISCLAIMS ALL WARRANTIES, WHETHER EXPRESS, IMPLIED, STATUTORY OR OTHERWISE, ARISING OUT OF OR IN CONNECTION WITH THIS AGREEMENT AND ANY SAMPLE, SPECIFICATION OR PROPOSAL PROVIDED BY SPLASHTOP, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NON-INFRINGEMENT OF THIRD PARTY RIGHTS.
SPLASHTOP DOES NOT GUARANTEE THE ACCURACY, COMPLETENESS, SATISFACTORY QUALITY OF THE SOFTWARE OR THAT THE SOFTWARE WILL BE FREE OF DEFECTS, RUN ERROR-FREE OR UNINTERRUPTED, MEET YOUR REQUIREMENTS, BE FREE OF VIRUSES OR THAT SPLASHTOP WILL CORRECT ALL ERRORS. SOME LAWS DO NOT ALLOW THE EXCLUSION OF IMPLIED WARRANTIES, SO, TO THAT EXTENT, THIS LIMITATION MAY NOT APPLY TO YOU.

12. LIMITATION OF LIABILITY

IN NO EVENT SHALL SPLASHTOP, OR ITS LICENSORS OR SUPPLIERS, BE LIABLE FOR ANY SPECIAL, INCIDENTAL, CONSEQUENTIAL, PUNITIVE OR INDIRECT DAMAGES WHATSOEVER (INCLUDING, WITHOUT LIMITATION, DAMAGES FOR LOSS OF PROFITS, BUSINESS INTERRUPTION, LOSS OF INFORMATION, OR OTHER PECUNIARY LOSS) ARISING OUT OR IN CONNECTION WITH THIS EULA, IRRESPECTIVE OF THE CAUSE OF ACTION, WHETHER IN CONTRACT, TORT (INCLUDING, WITHOUT LIMITATION, NEGLIGENCE, GROSS NEGLIGENCE, NEGLIGENT MISREPRESENTATION) OR PRODUCT LIABILITY, EVEN IF SPLASHTOP HAS BEEN ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGES. SOME JURISDICTIONS DO NOT ALLOW THE EXCLUSION OR LIMITATION OF INCIDENTAL OR CONSEQUENTIAL DAMAGES, SO TO THAT EXTENT THE ABOVE LIMITATIONS OR EXCLUSIONS MAY NOT APPLY TO YOU.
IN NO EVENT WILL SPLASHTOP’S CUMULATIVE LIABILITY ARISING OUT OF OR IN CONNECTION WITH THIS EULA EXCEED FIFTY DOLLARS (US$50).

13. LIFE SUPPORT AND OTHER CRITICAL SYSTEMS

The Software shall not be used in connection with any system where malfunction can reasonably be expected to result in personal injury, death or damage to property, environment or business. Without limiting the foregoing, the Software shall not be used in connection with any life support system. You agree to hold SPLASHTOP and its officers, directors, employees, affiliates and licensors harmless from any claims or losses resulting from any of the foregoing uses of the Software.

14. EXPORT CONTROLS

You acknowledge and agree that the Software subject to this Agreement are subject to the export control laws and regulations of the United States (including, without limitation, the Export Administration Regulations (“EAR”), and sanctions regimes of the U.S. Department of Treasury, Office of Foreign Asset Controls.). You shall, at your own expense, comply with all applicable laws, ordinances, regulations, rules and other requirements. You shall not, without prior U.S. government authorization, export, re-export or transfer any Software or technology subject to this Agreement, either directly or indirectly (i) into any country subject to a U.S. trade embargo (currently Cuba, Iraq, Libya, Sudan, North Korea, Iran, Syria) or to any resident or national of any such county, or (ii) to any person or entity listed on the “Entity List” or “Denied Persons List” maintained by the U.S. Department of Commerce or the list of “Specifically Designated Nationals and Blocked Persons” maintained by the U.S.
Department of Treasury. By downloading or using the Software, You are agreeing to the foregoing and You represent and warrant that You are not located in, under the control of, or a national or resident of any such country or on any such list.

15. U.S. GOVERNMENT RESTRICTED RIGHTS

The Software and Documentation are considered to be “commercial computer software” and “commercial computer software documentation,” respectively, pursuant to DFAR Section 227.7202 and FAR Section 12.212, as applicable. Consistent with 48 C.F.R.
12.212 and 48 C.F.R. 227.7202-1 through 227.7202-4 (JUNE 1995), the Software is provided to U.S. Government End Users (a) only as a commercial end item and (b) with only those rights as are granted to all other End Users pursuant to the terms and conditions herein.

16. GENERAL

This EULA constitutes the entire agreement between You and SPLASHTOP and supersedes any prior or contemporaneous agreements, communications and/or understandings, written or oral, concerning the subject matter hereof. SPLASHTOP is not bound by any provision of any purchase order, receipt, acceptance, confirmation, correspondence, or otherwise, unless SPLASHTOP expressly agrees to the provision in a written, executed document. If any provision of this EULA shall be held to be invalid, illegal or unenforceable, such provision shall be enforced to the maximum extent permitted by law and the remaining provisions shall not be affected. This EULA is governed by the laws of the State of California without reference to conflicts of laws provisions. The parties expressly disclaim the applicability of the United Nations Convention on the Sale of Goods. You agree that all claims and disputes arising out of or in connection with this EULA shall be heard exclusively by any federal or state court of competent jurisdiction located in Santa Clara County, California, U.S.A., and You irrevocably consent to the personal and exclusive jurisdiction of, and venue in, such courts, and waive any objection to any proceedings brought in any such court. You may not assign or transfer this EULA or any rights or obligations under this EULA. Any assignment or transfer of this EULA made in contravention of the terms hereof shall be null and void. Subject to the foregoing, this EULA shall be binding on and inure to the benefit of the parties’ respective successors and permitted assigns. SPLASHTOP may assign its rights under this EULA to its affiliates and to any successor by way of merger, acquisition, consolidation, reorganization or sale of all or substantially all of its assets that relate to this EULA, without action on your part, in which case references to SPLASHTOP herein shall be deemed to refer to the assignee.

This EULA was last updated: August 24, 2012

  • 前へ
  • 次へ

個人情報保護方針

株式会社レコモット(以下、「当社」という)は、携帯電話販売事業及び各種ITサービスのご提供などにおいて、多くの個人情報を取り扱っています。 そこで当社では、この個人情報保護方針に基づき、個人情報保護マネジメントシステムを確立するとともに実行し、事業活動にかかわるすべての従業員が一体となって、個人情報の適切な取り扱いを実現いたします。

1.個人情報の適切な取得、利用、提供に関して

当社では、事業の内容および規模を考慮し、業務遂行に必要な範囲で個人情報を適切な方法で取得します。個人情報の利用は、 特定した利用目的の範囲内とし、利用目的を変更する際には、あらかじめご本人に通知し、同意を得た上でおこないます。 個人情報は、利用目的を遂行するために業務を委託する場合を除き、ご本人の同意なく、第三者に提供することはございません。 目的外の利用や提供を防止するため、個人情報の利用および提供は、個人情報保護管理者が、その適正性を確認した上でおこなっています。 また、自主点検、内部監査等の活動を通じた統制活動も強化しております。

2.個人情報保護のための安全管理策

1)個人情報の漏えい、滅失、き損等に対する予防処置
当社では、個人情報の漏洩、滅失、き損等を防止するための適切なセキュリティ対策を実施しております。また、これらを徹底するため、従業員への教育・監督をおこなっています。個人情報取り扱い業務を社外に委託する場合は、委託先の選定や監督を厳重におこなっております。
2)個人情報の漏えい、滅失、き損等に対する是正処置
個人情報の漏えい、滅失、き損等が発生した場合は、被害拡大防止を最優先とし、速やかに是正処置を講じるとともに、原因究明をおこない、再発防止に努めます。また、事故に関する情報について、必要な範囲で関係者、関係機関に報告します。

3.法令、国が定める指針、その他の規範の遵守

当社は、個人情報の取り扱いに関する法律および関連法令、主務官庁の指針、所属団体等の規範等を遵守します。

4.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善

当社は、個人情報の保護に関するマネジメントシステムを実行し、維持するとともに定期的に見直しをおこない、継続的改善に努めます。

5.個人情報に関する苦情、相談への対応

当社に対して、個人情報の取り扱いに関する苦情、相談をおこなう場合は、下記の「個人情報お問い合わせ窓口」までご連絡ください。また、当社の個人情報保護に関するお問い合わせについても下記にて対応いたします。

【個人情報お問合せ窓口】
住所:〒102-0083 東京都千代田区麹町3−3−8 丸増麹町ビル8F
電話:03-4446-5008(平日10:00〜18:00)
Eメール:info@recomot.co.jp

2013年9月1日制定 株式会社レコモット 代表取締役 東郷 剛
プライバシーポリシーマーク

個人情報に関する公表事項

1. 個人情報の利用目的の公表に関する事項

株式会社レコモット(以下、「当社」という)が取り扱う個人情報の利用目的は、下表の通りです。
(※)が付された個人情報については、開示対象個人情報として当社に対して利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止の請求をおこなうことができます。

個人情報の種類 利用目的
応募者情報※ 弊社が必要とする人材の採用判断のため
在職者情報※ 人事管理業務および業務の連絡のため
退職者情報※ 法で定める退職者の人事管理業務および懇親等の必要に応じた連絡のため
受託業務にともないお預かりする個人情報 受託業務遂行のため
セミナーリード情報 営業情報のため
moconavi クラウド利用情報 クラウドサービス提供のため
各種お澗い合わせ情報※ 各種お問い合わせ対応のため
2. 開示対象個人情報に関する周知事実

当社は、開示対象個人情報の取扱にあたり、下記の事項を公表いたします。

  1. 当社の名称
    株式会社レコモット(東京都千代田区)
  2. 個人情報保護管理者
    竹岡 昌宏(03-4446-5008)
  3. すべての開示対象個人情報の利用目的
    「1. 個人情報の利用目的の公表に関する事項」参照
  4. 開示対象個人情報の取扱に関するお問い合わせ・苦情の申し出先
    申し出先の名称:個人情報保護管理者
    住所:〒102-0083 東京都千代田区麹町3−3−8 丸増麹町ビル8F
    電話:03-4446-5008
    e-mail:info@recomot.co.jp
  5. 当社が属する認定個人情報保護団体の名称および苦情の解決の申し出先
    ※当社は認定個人情報保護団体に所属しておりません。
  6. 開示等の請求方法
    「3. 個人情報の開示等のご請求に応じる手続き」参照
3. 個人情報の開示等のご請求に応じる手続き

当社は個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止、消去または第三者への提供停止のご請求および個人情報に関する苦情・ご相談については、 PMS事務局(電話:03-4446-5008、受付時間:平日10:00〜18:00)にて承ります。
ただし、ご請求いただいた個人情報につき、法令等の規定により個人情報を開示できない場合や当社の保管期間を過ぎた場合については、 お客様の個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止、消去、または第三者への提供停止に応じることができませんのでご了承ください。

個人情報の開示等をご請求される皆さまは、こちらから所定の様式をダウンロードし、必要事項をご記入の上、下記住所までご送付ください。

【ご送付いただくもの】

1)「個人情報お問い合わせ申請書」
所定の用紙に以下の事項をご記入ください。
①ご本人様の住所・氏名・電話番号とご捺印
②請求日
③開示をお求めにる個人情報を特定するための情報
(2)ご本人様、代理人の方であることを示す証明書
<ご本人様の場合>
 ・運転免許証、パスポート、健康保険の被保険者証、在留カードの写しのいずれか1つ
<代理人の方の場合>
 ・代理人である事を示す委任状(必須)
 ・委任状に押印された本人の印鑑証明書、代理人の本人確認書類のいずれか1つ
(3)手数料:2,100円(利用目的の通知または開示の場合のみ)

【ご送付先】

住所:〒102-0083 東京都千代田区麹町3−3−8 丸増麹町ビル8F
株式会社レコモット 個人情報保護管理者 宛
※代理人の方がご請求される場合は、PMS事務局までお問い合わせください。
 なお、代理人請求ができる方は下記の方に限らせていただきます。
 ・未成年者または成年被後見人の法定代理人
 ・開示等の求めをすることにつき本人が委託した代理人

当社では、上記の請求を受領した場合は、必要な調査を実施した上で、2週間以内に書面にて回答致します。 回答にあたっては、なりすましによる個人情報の漏えいを防止する目的で、本人限定受取郵便を用いますのでご了承ください。

以上。

  • 前へ
  • 次へ

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取扱について

ご提出いただく個人情報は、弊社からのご連絡、お問合せへの回答、弊社のサービスのご案内などのために利用します。 なお、必須項目を入力されない場合は、ご連絡などができかねますのでご了承ください。

ご提出いただいた個人情報に関して、利用目的の通知、個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止、消去、第三者提供停止を求めることができます。これらの請求をおこないたい場合は、下記の窓口までご連絡ください。

【個人情報お問合せ窓口】

担当:個人情報保護管理者 竹岡 昌宏
住所:〒102-0083 東京都千代田区麹町3−3−8 丸増麹町ビル8F
電話:03-4446-5008(平日10:00~18:00)
Eメール:info@recomot.co.jp

  • 前へ
  • 規約に同意

moconavi RDS 機能比較

Business

リモート接続の基本機能を搭載
接続用ストリーマーを5台までインストール可能

Enterprise Cloud

シングルサインオンでIDパスワードを一元管理
リモートマイクでオンライン会議の音声会話がスムーズに

機能 Business Enterprise Cloud
ストリーマーを使った
リモート接続
(無人接続)
同時接続(1対nセッション) 1 10
ファイル転送
リモートプリント
リモート再起動
チャット
リモートウェイク
マルチモニター
(マルチ トゥ マルチ)
デスクトップ共有 ※1
1ストリーマーに対し2ユーザ同時接続
画面収録
Androidデバイスのリモート操作
リモートUSB
リモートマイク
リモートスタイラス(ペンタブ対応)
ユーザ管理機能 グループ管理の単位 コンピュータ ユーザー
コンピュータ
2段階認証
シングルサインオン
SSOユーザ一括登録
リモートアクセスのスケジュール機能
ユーザ単位のポリシー設定

※1 Webリンクを介して接続元PCのWindowsデスクトップを共有する機能(最大2デバイスに表示可能)

moconaviに連携すればモバイルワークにも対応

モバイル向けリモートアクセスツール「moconavi(モコナビ)」を連携すれば、
モバイルワークにも対応可能です。
移動中のメールやスケジュールの確認、アドレス帳の利用はmoconaviから、自宅でのファイルの
更新作業や社内業務システム利用はmoconavi RDSからと利用シーンに応じて使い分けもできます。
さらにmoconaviとの連携でシングルサインオンでのログインが可能に。
煩雑なログイン情報の管理がなくなります。

moconavi連携の詳細はこちら
moconavi連携の画像

テレワークを始めるならmoconavi RDSにお任せください

資料請求フォーム

下記フォームに必要事項をご入力ください。担当者よりご連絡いたします。
法人向けサービスのため個人事業主の方はご利用いただけません。



会社名 必須
導入目的 必須
業界 必須
従業員数(単体) 必須
部署名 必須
電話番号 必須
氏名 必須
メールアドレス 必須

企業ドメインのメールアドレスをご入力ください。

問い合わせ内容
必須 個人情報の取り扱いについて同意する
見込み客のデータ元
見込み客のCV接点
商談種別