moconavi機能紹介 ~メール・カレンダー編~

  • 投稿日:2020 - 12 - 15
  • 更新日:2021 - 3 - 11
  •   

はじめに

皆さんは社内メールやカレンダーのモバイル利用でこのような課題を抱えていませんか?

「各社員がバラバラのメールアプリをつかっており、メールデータの管理ができていない」

「メールを個人携帯に転送して利用するシャドーITが横行しており、データが外部流出する恐れがある」

「予定表がモバイル端末からチェックできず、予定の確認や調整に手間取る」

これらの課題はmoconaviを使うことで、解決できます。本記事ではmoconaviが提供しているメール・カレンダー機能についてご紹介いたします。

1.今使っているグループウェアをmoconaviから使える!

moconaviでは、Exchange、Microsoft365、Domino、Gsuite、サイボウズなどの各種グループウェアに連携し、それらのメール・カレンダー(予定表)・アドレス帳(連絡先)を利用することができます。POP3、IMAP4にも対応しています。

moconaviを利用することでメールやカレンダー、表示したファイルやアドレス情報もすべて、端末にデータが残らないので、企業のシステム管理者にとってセキュリティを考慮するうえで安心です。
また、moconaviはモバイルデバイスで使いやすい独自UIと最適化された通信なので、グループウェアを使用するユーザーにとっては、移動中に使用する場合でもサクサク動いてストレスがありません。

2.メールとmoconavi連携について

moconaviで利用できるメール機能は以下の通りです。

メールの受信・閲覧
・モバイルデバイスの小さい画面に特化した独自UIで表示します。
・下書き保存も可能です。(端末にはデータ保存されません)
・HTMLメールも表示可能です。

メールの新規作成(メールアドレスの挿入)
・宛先へのメールアドレスの直接入力はもちろん、連携先サービスのアドレス帳から呼び出して挿入することもできます。
・さらに、メールフォルダにあるアドレス情報を学習し、予測変換で候補表示も可能です。

添付ファイルは、暗号化ファイルも表示可能
メールに添付されたファイルは、moconavi標準のドキュメントビューワー機能を使い、moconaviアプリ内で表示します。
・Zipだけでなく、暗号化されたパスワード付きZip、7-Zip、パスワードを直接設定したOfficeファイルなどの表示にも対応しています。
・添付されたOfficeファイルは、ファイルの無害化および表示崩れを防ぐため、PDFへ変換し表示させることが可能です。

送信時の注意喚起・送信させない仕組み
moconaviはメール送信時の宛先設定に誤りがないか注意喚起する仕組みや、操作抑制機能により情報漏洩を防ぐ仕組みがあります。
・moconavi画面キャプチャ抑止による情報漏洩の防止
・コピー&ペースト抑止による情報漏洩の防止
※アプリ内のみのコピー&ペーストや外部からアプリへのコピー&ペーストを管理者から許可することも可能です。

どの機能も、管理者画面からお客様のご都合に応じて設定いただけます。

3.カレンダー(予定表)とmoconavi連携について

カレンダーもメールと同じように、お客様のご利用中のサービスと連携してご利用いただくことができます。こちらもmoconaviの独自UIとなります。

moconaviで利用できるカレンダー機能は以下の通りです。

・カレンダーの表示形式を月、週、日ごとにしたり、スケジュールをリスト表示したり、作成したグループごとの共有カレンダーを表示したりなど自由に切り替えることができます。
・予定の新規登録・編集・削除も可能です。
・予定は、ドラッグ&ドロップでスライド移動させることもできます。

カレンダーの利便性を向上する各種機能
・カレンダーの予定表は、最後に表示した形式が維持され、次に開いた時に反映されています。例えば、週表示の状態で閉じると、次回開いたときには週表示のままカレンダーを見ることができます。
毎回表示形式の設定をする手間がなく、お好みの表示形式のカレンダーをお使いいただけます。
・同じMicrosoft365・Domino内メンバーなら、グローバルアドレス帳からスケジュールを確認したいメンバーの予定を表示することができます。

4.ショートカット作成で効率アップ!

メールの受信トレイ、カレンダーの予定表、アドレス帳の連絡先フォルダは、moconaviトップ画面にショートカットをつくることができます。
受信トレイのショートカットは、配下の子フォルダを対象に作成することもできます。
※受信プロトコルにPOPを採用されている場合は、ショートカット機能はご利用いただけません。

5.メール新着通知・バッジ表示

moconaviをOffice365(Exchange)・Domino・POP・IMAPの各メールサービスに連携した場合、メール新着時に通知が出るように設定することができます。
さらに、Office365・Exchangeとの連携の場合は、moconavi内のメールサービスアイコンに未読数のバッジを表示するよう設定することも可能です。

6.moconavi内サービス間連携

メール機能は、moconavi内の各種サービスと連携させた利用が可能です。
メールを読む・送るだけではない、生産性をアップさせるツールとしてご利用いただくことができます。

メール⇔ストレージ
・メール添付で届いたファイルを、moconaviと連携しているストレージサービスに保存が可能です。
・ストレージサービスからファイルをメールに添付することもできます。
・端末のローカルストレージに一時置きせずにファイルを連携するストレージサービスへ直接保存・添付できるため、端末にデータが残りません。

メール⇔セキュアブラウザ・ダイアラー・メール・ストレージ
・メール本文に記載されているリンクから、セキュアブラウザでWeb閲覧をすることができます。その他、メール本文に書かれた電話番号から直接電話発信したり、受信メールからそのまま返信メールを作成したりすることが可能です
・moconavi内で連携しているストレージサービスであれば、フォルダやファイルへファイルパスでのアクセスも対応しています

7.メール・カレンダー編まとめ

moconaviのメール・カレンダー連携機能はいかがでしたでしょうか?
メール・カレンダーをmoconavi経由でご利用いただくことで端末にデータを残さず情報漏洩対策ができます。また、moconavi内のサービス間を連携してお使いいただくことでよりスムーズな業務が可能になります。
moconaviにはその他にもたくさんの便利な機能があります。よろしければ下の記事も参考にご覧ください。

5分でわかる!moconavi機能10選

moconaviを使って効率的な働き方をぜひご検討ください。

moconaviの資料請求はこちら

この記事をシェアする

前の記事:moconavi機能紹介 ~ダイアラー・電話帳・着信連携編~
次の記事:moconavi 050が5分でわかる!便利な機能3選