テレワークとリモートワークの違いは?メリットや注意点を解説!

投稿日:2019 - 8 - 8

テレワークやリモートワークとはどのような働き方なのか、その詳細までは分からないという人も多いのではないでしょうか。テレワークやリモートワークを導入することで、さまざまなメリットが生まれます。
しかし、注意点もあることには理解が必要です。ここでは、テレワークやリモートワークのそれぞれの意味や特徴を解説していきます。

1.テレワークやリモートワークはどんな働き方?

働き方改革が進められていることにより、働き方も多様化しています。中でも注目を浴び、普及が進んでいるのが、テレワークやリモートワークと呼ばれる働き方です。さらにそれらは細分化され、よりさまざまなシーンに対応できる形をとっています。それぞれの種類や働き方について説明していきます。

1-1.テレワーク

テレワークとは、ICTと呼ばれる情報通信技術を活用した、時間や場所にとらわれることなく、柔軟に働く方法を指します。企業が導入できるテレワークには、大きく分類して3つの種類があります。それぞれを詳しく見ていきましょう。

1-1-1.在宅勤務

在宅勤務とは読んで字のごとく、自宅を就業場所として働く方法です。所属する会社とのやり取りは、電話やチャットツールなどのインターネットを利用しているところが多いです。ツールはSkypeなどの無料アプリケーションを使うことで、コストを抑えることができます。そのため在宅勤務は、広くテレワークの一つのスタイルとして知られています。勤怠管理なども、無料もしくは安価な管理システムが豊富にあるため、それを活用する企業は少なくありません。在宅勤務のみを勤務形態としている企業もあれば、週の何日間は在宅勤務をとっているという企業もあります。

1-1-2.モバイルワーク

モバイルワークは、場所の制限を受けず、カフェや移動中などさまざまな場所で仕事をする方法です。営業職の人によく活用されるテレワークスタイルです。パソコン、タブレット、スマートフォンなどの電子機器を使用して仕事に取り組みます。そのため、モバイルワークを導入するには、オフィス内の自分のパソコンにアクセスできるシステムや、社外からでも業務報告ができるシステムを構築していくことがもっとも重要です。

1-1-3.施設利用型勤務

施設利用型勤務は、会社側が用意したサテライトオフィスなどで仕事をする方法です。複数の企業が利用している共同のオフィスや、ワークスペースを活用することもあります。その目的としては、主に通勤における負担の軽減のほか、地域への営業をしやすくするための利益拡大を目標とする企業も多いです。また、ほかの2つのテレワークに比べて、外部との接触がしやすいというメリットがあるのもこのスタイルの特徴です。

1-2.リモートワーク

リモートワークとは、大雑把にいえば、遠隔で働くことにほかなりません。つまり、リモートワークとテレワークはほぼ同じ意味を表します。リモートワークはテレワークに含まれるという解釈の仕方も少なくありません。また、リモートワークはどの程度遠隔で働くかによって、4つのレベルに分けられるという考え方もあります。ハイブリッド・リモートワークは、企業に正規雇用されている状態で、週の何日かはメインオフィス勤務、それ以外は遠隔での勤務形態レベルを指します。フルタイム・リモートワークは、企業に正規雇用されている状態でかつ、全労働日において遠隔で業務遂行するというレベルです。

ほかにも、リモート・アウトソースと呼ばれるレベルがあります。これは、遠隔にて業務を進めますが、正規雇用者ではない外部契約の状態を指しています。また、テンポラリー・リモートワークと呼ばれるものはかなり限定的で、オンラインミーティングなどの短時間の業務を、遠隔で行うレベルです。このように、ひと口にリモートワークといっても、期間や携帯はそれぞれで、短期的に社外で働いたり、常に会社の外で仕事をしたりするなど、さまざまな働き方が可能です。企業によっては、在宅ワークのことをリモートワークとよんでいるケースもありますが、大きくまとめると違いはそれほどありません。共通しているのは、会社以外の場所で勤務するという点です。

2.テレワークやリモートワークを導入するメリット

テレワークやリモートワークを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。テレワークやリモートワークを導入すると、企業側だけでなく、従業員側にもさまざまな利点が生まれます。それぞれの視点から、それぞれのメリットを説明していきます。

2-1.企業側

まずは、テレワークやリモートワークを導入すると、企業側にどのようなメリットがあるのかを説明していきます。

2-1-1.人材確保や離職防止に役立つ

まず挙げられるメリットが、人材確保に役立つという点です。仕事場所を固定しないことにより、会社から離れた地域に住んでいる優秀な人材でも、採用することが可能です。また、従業員にとって働きやすい環境が整うことにより、離職を防ぐことにもつながります。たとえば、従来の勤務形態なら出産や育児、または配偶者の転勤などのため、やむを得ず退職しなくてはならなかったケースでも、テレワークを導入することで離職者を減らすことができます。それが結果的に会社のイメージアップにもつながり、さらに将来的に優秀な人材を確保していける可能性が広がるといえるでしょう。

2-1-2.コストを削減できる

コストを削減できるというメリットにおいて、最大のポイントが、従業員が働くための広いオフィスを確保する必要がなくなるということです。たとえば、デスクの数を半分に減らすことで、より家賃を抑えた物件に移転することも可能です。また、そもそも用意する備品も少なくすることができます。かかっていたオフィスを維持するためのコストを、半分以上削減することも、場合によっては可能でしょう。

ほかにも、従業員の通勤にかかる交通費用なども削減することにもつながります。交通費などのように、必ずかかっているランニングコストも削減できるのは、ほかの施策にはないメリットといって過言ではありません。

2-1-3.不測の事態にも対応しやすい

テレワークやリモートワークでは、従業員がそれぞれの場所で仕事に取り組むことができるうえに、システムを組み込むことでどこからでも会社の情報にアクセスすることが可能です。そのため、業務に何かしらの支障が起きた場合でも、会社にいなくても素早く対処することができます。また、万が一の事故などにも対応しやすいことも利点の一つです。オフィスやその周辺に起こり得る災害などの不測の事態が発生した場合でも、会社としての機能を全て停止するまでには至りません。結果的にリスクマネジメントにつながることは、企業にとって重要な要素といえます。

2-2.従業員側

次に、テレワークやリモートワークを導入した場合、従業員側にどのようなメリットがあるのかを説明していきます。

2-2-1.通勤時間を減らせる

自宅で働くことで、当然のことながら通勤時間を0に抑えることができます。また、家の近くで働いた場合でも、通勤時間を大幅に減らすことが可能です。通勤時間が減ることで自由な時間が増え、プライベートをより充実させられることにつながります。ワーク・ライフ・バランスの重要性が説かれる中で、通勤時間を減らせることは、従業員にとって非常に大きなメリットといえるでしょう。

2-2-2.仕事とプライベートを両立しやすい

仕事の合間にできることも増えていきます。もちろんプライベートな遊びに時間を割くこともできますが、ほかにも、育児や家事などに時間をあてることも可能です。たとえば、子どもを保育園などに預けられない場合には、仕事と子どもの世話を両立できるため、テレワークなどの働き方は非常に有効です。また、介護などをしている家庭でも、仕事をしながら世話をすることができるので、効果的に時間を使うことができます。

2-2-3.仕事に集中できる

必要なものを必要な分だけそろえれば、自分の好きな環境で仕事に取り組むことができます。周囲の様子に気を使ったり、気が散ったりすることもありません。また、仕事関係における突然の来客や打ち合わせなどもないので、集中して作業に取り組むことが可能です。一人で作業できるので、静かに作業を進めたいタイプの人は特に集中しやすいといえるでしょう。また、気分転換にカフェで仕事をしたり、少し外を歩いてみたりするなど、効率的に時間を使うことができます。

3.テレワークやリモートワークの注意点は?

テレワークやリモートワークを導入するうえでは、注意したほうがいい点もいくつかあります。気を付けないと、うまくテレワークが機能せず、かえって負担になってしまうことも、なきにしもあらずです。企業側と従業員側それぞれの視点から、導入するうえでの注意点を説明していきます。

3-1.企業側

最初にテレワークやリモートワークを導入する際の、企業側における注意点を説明していきます。

3-1-1.組織力が低下しやすい

テレワークやリモートワークを導入すると、どうしても従業員同士が直接顔を合わせる機会は減ってしまいます。コミュニケーションがとりづらくなるため、共有する情報の鮮度は落ち、組織としてのまとまりがなくなりやすくなってしまうのは事実です。たとえば、テレワークを認める日を全労働日にするのではなく、週の何日かのみに設定するなどの対策をとることで、解決できる場合があります。もしくは、一カ月の内、定期的に全社員が出社する日を何日か決めておくと、情報の共有にもつながるため有効といえます。または、TV会議ツールやビデオ通話などを用いて、定期的に顔を見せ合ったやり取りをすることも一種の解決策です。

3-1-2.従業員の様子を把握しにくい

オフィスで従業員の働きぶりを直接確認できないため、進捗状況を正確に把握できず、結果的に業務スケジュールに支障をきたしてしまうことも考えられます。真面目に仕事をしているのかどうかも分からないため、人事の判断がしづらいというデメリットもあります。また、仕事に行き詰まっていても、同僚や上司が気付けないことも大きなマイナスです。その場での瞬時な解決ができないため、目標達成までに大きな遅れをとってしまう可能性も十分あり得ます。

3-1-3.情報漏洩のリスクがある

テレワークやリモートワークでは、外にいる従業員と会社の重要な情報をやり取りすることになります。そのため、機密情報でも簡単に漏れてしまうリスクが高まる可能性は否定できません。パソコンのセキュリティを強化することはもちろん、常日頃からの従業員の情報保護意識を高めることが大切です。または、あらかじめ情報漏えいに関する決めごとを設定して、定期的に社内セミナーなどを開くことも一つの手です。

3-2.従業員側

従業員側においてもデメリットや注意点は存在します。テレワークやリモートワークを導入する際の、従業員側の注意点を説明していきます。

3-2-1.自己管理が必要になる

近くに上司や同僚がいないため、気が抜けてしまう人も少なくありません。また、仕事のペースが自分次第になるため、スケジュール管理が難しいともいえます。自分をうまく律してタイムスケジュールを組むなどの工夫をとらないと、業務の効率がかえって悪くなってしまう恐れもあります。仕事にメリハリがつかないと、長時間労働になってしまう可能性も否めません。結果的にワーク・ライフ・バランスがとれず、リモートワークがマイナスに働いてしまうことも十分にあり得るでしょう。

3-2-2.正当な評価を受けにくい

企業側にとって人事的評価がしにくいということは、従業員にとっても当然マイナスに働いてしまうことも考えられます。働いている姿を上司に直接見せることができないため、社内にいるときと比較して、うまくアピールをすることができません。また、スケジュール管理をして、業務態度はしっかりしていたとしても、具体的な成果が出ないと評価されないことも考えられます。定期的な業務報告を怠らずかつ、詳細な内容を加えることが大切です。

3-2-3.孤立しやすい

前述の通り、同僚や上司と会う機会が減るため、コミュニケーションがとりづらくなり孤立しやすくなるといっても間違いありません。社内の様子を把握しにくく、仕事の相談もしにくいことがデメリットです。企業によっては無料のメッセージツールを活用したり、上司が常にやり取りをして気にかけたりすることで、これらのデメリットを解消しています。ときにはメッセージツールのみではなく、電話などで詳細に直面している不安や悩みを解決する取り組みも必要でしょう。当然、従業員側からの積極的な情報の共有によっても、これらを解決することが可能です。

テレワークやリモートワークを導入して労働環境を整えよう

テレワークやリモートワークを導入することで、さまざまなメリットを得られます。ただし、導入する際は気を付けたいこともいくつかあります。注意点にうまく対応するには、「moconavi」のサービスを利用すると効果的です。moconaviはチャット機能が充実しており、連携がとりやすいうえに、端末に個人情報を残さず利用できます。そのため、情報漏えいのリスクも抑えられます。テレワークやリモートワークを導入して、労働環境を整えましょう。

前の記事:テレワークの導入で働き方改革!申請できる助成金・補助金まとめ
次の記事:リモートワークのデメリットと対策を知って活用しよう!